ライアットゲームズの新レーベル「Riot Forge」から2つの新作ゲームが発表

2019.12.17 eSports World編集部
PCオンラインゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』のデベロッパーおよびパブリッシャーであるライアットゲームズの新レーベル、「Riot Forge」は『リーグ・オブ・レジェンド』の世界観に基づく2本の新作ゲーム『Ruined King: A League of Legends Story』と『Convergence: A League of Legends Story』を発表した。

『Ruined King: A League of Legends Story』はストーリー主体のターン制RPGで、プレイヤーは『LoL』のチャンピオンを操作し、活気あふれるビルジウォーターの街や謎めいたシャドウアイルをゲーム内で探索する。
『Convergence: A League of Legends Story』はシングルプレイ用のプラットフォームアクションで、プレイヤーは『LoL』の人気チャンピオン、エコーとなって、目を見張るようなゾウンの世界を探索する。

<以下、ニュースリリースより>

「ライアットゲームズ」ゲームパブリッシングを行う新レーベル『RIOT FORGE』が2つの新作ゲームを発表

※以下の内容は、12月12日にRiot Gamesがグローバル発表した内容を抄訳したものです。 カリフォルニア州ロサンゼルス(2019年12月12日)- PCオンラインゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』(『League of Legends』)のデベロッパーおよびパブリッシャーであるRiot Games(ライアットゲームズ)の新レーベル、Riot Forge(ライアットフォージ)は新作ゲーム『Ruined King: A League of Legends Story』(開発はAirship Syndicate社)と『Convergence: A League of Legends Story』(開発はDouble Stallion Games社)を発表します。どちらも『リーグ・オブ・レジェンド(『LoL』)』のユニバースの世界観に基づく内容の作品です。

『Ruined King: A League of Legends Story』
『Ruined King: A League of Legends Story』はストーリー主体のターン制ロールプレイングゲーム(RPG)で、開発はAirship Syndicate社が務めています。物語は、ビルジウォーターを舞台としたストーリー『燃え盛る波濤』(https://universe.leagueoflegends.com/ja_JP/story/bilgewater-story/)における出来事の後で、プレイヤーは『LoL』のチャンピオンを操作し、活気あふれるビルジウォーターの街、そして謎めいたシャドウアイルを初めてゲーム内で探索することになります。プレイヤーに人気のチャンピオンたちによる革新的なターン制バトル、そして美しいアートがもたらす新たな驚きとたくさんのポロたち。『Ruined King: A League of Legends Story』は『LoL』ユニバースにおける数多くのチャンピオンストーリーを発展させるもので、ルーンテラの世界を新たな観点でお楽しみいただけます。
https://ruinedking.com/ja_JP/

『Convergence: A League of Legends Story』
『Convergence: A League of Legends Story』はシングルプレイ用のプラットフォームアクションで、開発はDouble Stallion Games社が務めています。プレイヤーは時を捻じ曲げる精巧な装置を操る少年発明家、エコー(https://universe.leagueoflegends.com/ja_JP/story/champion/ekko/)となって、目を見張るようなゾウンの世界を探索します。『LoL』の人気チャンピオン、エコーの冒険を追う『Convergence: A League of Legends Story』では、時を変える力には数多くの結果が伴うことに気づいていく彼の姿が描かれます。
https://convrgencegame.com/ja_JP/

Joe Madureira(Airship Syndicate社 CEO)のコメント
「Riot Forgeと『Ruined King: A League of Legends Story』で一緒に作品を作れることに、とても興奮しています。私たちは常々、「燃え盛る波濤」での出来事は、たくさんの良質な物語を描くのにピッタリの題材だと考えていました。今回この物語を推し進め、ビルジウォーターとシャドウアイルに今までにない形で生命を吹き込めることとなり、とてもワクワクしています」

Lee Thomas(Double Stallion Games社 クリエイティブディレクター)のコメント
「エコーは作品を作っていくのが楽しくなる、活発な性格をしたユニークなチャンピオンです。私たちはゾウンの素晴らしい景観に夢中になっています。ゾウンはピルトーヴァーと隣り合いながらも相反した、興味深い豊かな文化を築いています。プレイヤーの皆さんに『LoL』ユニバースを新たな形で体験してもらうのが今から楽しみです。」

Leanne Loombe(Riot Forge トップ)のコメント
「今回、Airship Syndicate社、そしてDouble Stallion Games社と結んだ最初のパートナーシップ2つを発表することができ、感慨深く思います。彼らは自分たちのスタイルを『LoL』ユニバースへと巧みに落とし込んでおり、プレイヤーが夢中になれる深遠な物語を紡いでいます。この2作品は始まりにすぎません。開発中のゲームは複数あり、プレイヤーの皆さんにお届けする日が待ちきれません。」

Riot Forgeとは
Riot Forgeはライアットゲームズに属するパブリッシングレーベルです。世界中の才能あふれる経験豊かなサードパーティのデベロッパーと共に、LoLユニバースに世界観を置いた独自の「完結型」ゲームを手掛けています。新鮮かつ心躍るような方法で、あらゆるタイプのプレイヤーにルーンテラの世界を楽しんでもらうことを目標としています。
https://riotforgegames.com/ja/

ライアットゲームズとは
「最高のゲームは、プレイヤー第一主義のチームから生まれる」という信念を持つ、2人のゲーマー、マーク・メリルとブランドン・ベックにより、『世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社』をモットーとして2006年に創業。2009年には、デビュー作『リーグ・オブ・レジェンド』をリリースし、プレイヤーとメディアの双方から高い評価を受ける。本社は、米国カリフォルニア州サンタモニカにあり、世界23ヶ所にオフィスを展開。(2019年10月現在)日本オフィスは2014年4月に設立、リーグ・オブ・レジェンドの日本版サービスを2016年3月より開始。
ライアットゲームズ: https://www.riotgames.com/ja
Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan

『リーグ・オブ・レジェンド』とは
2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲーム。マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。毎年行われるeスポーツ最高峰の世界的祭典「League of Legends World Championship(WCS)」は視聴者数9,960万人を記録するなど大きな注目を集める。多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレやファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている。
リーグ・オブ・レジェンド: http://jp.leagueoflegends.com/
Twitter: https://twitter.com/loljpofficial



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます