【キャンペーン締め切り迫る!】eスポーツチームBC SWELLがゲーミングデバイスブランドSteelSeriesとのパートナーシップ契約を締結

2023.1.30 eSports World編集部
eスポーツチームBC SWELLを運営する株式会社SWELLがゲーミングデバイスブランドSteelSeriesとパートナーシップ契約を締結した。

<以下、ニュースリリースより>

快適な活動環境をサポート


SWELLは『UNLEASH THE FUTURE ~未来の可能性を切り拓く~』というビジョンのもと、ゲームパフォーミングチーム「BC SWELL」の運営を始め、さまざまなeスポーツ関連事業を展開しています。今回、SteelSeriesとのパートナー契約により、最高峰のデバイスをチーム所属の選手およびストリーマーへ提供し、快適な活動環境をサポートしてまいります。また、さまざまなコラボレーションを通じ、SteelSeries製品の魅力を発信してまいります。


SteelSeries ApS ジャパンカントリーマネージャー 石井 靖人様よりコメント


この度、BC SWELL様とパートナー契約を結ぶこととなり、大変うれしく思います。このパートナー契約を通じてeスポーツの更なる普及ならびに、BC SWELL様のプロモーションにお力添えができれば幸いです。弊社製品を使用していただき、選手の皆様には更なる活躍を期待しております。eスポーツカルチャーを共に拡げていければと思いますので、引き続きご支援ご声援の程よろしくお願いいたします。

代表取締役 管野辰彦よりコメント


グローバルトップブランドであるSteelSeries様とのパートナーシップを発表できる事を光栄に思います。今後、BC SWELLの競技シーンでの活動を始め、ストリーマー配信、大会イベント、地域活動等を通じ、SteelSeriesブランドの価値向上に貢献して参ります。eスポーツと共にある多様なライフスタイルを体現するSWELLの展開にご期待ください。

SteelSeriesについて

「SteelSeries(スティールシリーズ)」は、2001 年にデンマーク・コペンハーゲンで創業された、品質、技術、機能性にフォーカスするゲーミングギアブランドです。創業当時にスタートした業界初のゲーミングマウスパッドはじめ、ヘッドセット、キーボード、マウスを主要製品として展開し、「FOR GLORY」をモットーに、一般ユーザーからプロゲーマーまで、さまざまなゲームレベルのパフォーマンス向上及び、競技の勝利に向けて製品開発を行いっています。

また、eスポーツ業界へのイノベーションを数多く実現し、2002年に業界初のeスポーツ選手とのコラボレーションを実施し、とeスポーツイベントへのスポンサーに就任しました。さらに、2004年に業界初ゲーミングヘッドセットの発売、2006年に業界初メカニカルゲーミングキーボードの発売など、さまざまな業界初を成し遂げており、これからもeスポーツ文化へのサポート活動を積極的に行って参ります。

SteelSeries公式サイト:https://jp.steelseries.com
Twitter:https://twitter.com/SteelSeriesJP

BC SWELLについて

「BC SWELL」は、株式会社SWELLが運営するプロeスポーツチームです。株式会社NTTドコモの運営するeスポーツリーグ「X-MOMENT」の『PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE』に参戦しており、設立僅か1年足らずで、世界大会PUBG MOBILE GLOBAL CHAMPIONSHIP 2021』に出場しました。その他、『荒野行動部門』や、『ストリーマー部門』、『VALORANT部門』など、さまざまなゲームタイトルに活動の場を広げています。

SteelSeriesパートナー締結 記念キャンペーン


SteelSeriesとのパートナー締結を記念し、キャンペーンを実施いたします。

◇賞品
競技向けに耐久性と軽量化を実現したヘッドセット「ARCTIS PRIME」を3名様にプレゼント!

◇応募方法
1.『SteelSeries Japan公式アカウント』のフォロー
2.『BC SWELL公式アカウント』のフォロー
3. 該当のツイートをRT



◇応募期間
2023年 1月19日(木) 18:00~1月31(火)23:59まで
※当選者には、後日TwitterのDMよりご連絡差し上げます。
※日本国内に在住し、郵便物・宅配の受け取りが可能な方に限らせていただきます。

詳しくは、BC SWELLの公式Twitterをご確認ください。
BC SWELL公式Twitter:https://twitter.com/BC_SWELL

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます