【調査】2022年国内家庭用ゲーム市場規模(店頭販売分)は前年比増の3,748億円

2023.1.17 eSports World編集部
ゲーム総合情報メディア「ファミ通」が、2022年の国内家庭用ゲームソフト(パッケージ版のみ)とハードの売上速報を公開。家庭用ゲーム市場規模は前年比増の3,748億円に。

<以下、ニュースリリースより>

「ファミ通」マーケティング速報


ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2022年の国内家庭用ゲームソフト(パッケージ版のみ)とハードの売上速報をまとめました。集計期間は2021年12月27日~2022年12月25日です。ソフトランキングは『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』が400万本を超える本数で堂々の首位獲得。 ・2位の『スプラトゥーン3』も前作を大きく上回るペース。発売から4カ月、パッケージ版のみでトリプルミリオンを達成。

2022年国内家庭用ゲーム市場規模:3,748.2億円


集計期間:2021年12月27日~2022年12月25日/週数:52週

<ご参考>2021年国内家庭用ゲーム市場規模: 3,613.9億円
(集計期間:2020年12月28日~2021年12月26日/週数:52週)

※市場規模はハード・ソフト(パッケージ版のみ)の合計値です。


2022年の国内家庭用ゲーム市場について


2022年の店頭・通販販売分の家庭用ゲーム市場規模は、ハードが前年同期比103.4%の2,097.8億円、ソフトが同104.1%の1,650.4億円、合計で同103.7%の3,748.2億円となっています。前年まで、巣ごもり消費の影響を受けていたことから反動も懸念されましたが、強力な新作ソフトの登場とゲーム機本体の品薄に解消の兆しが見られたため、2022年は2年ぶりにトータルの市場規模がプラスとなりました。

年間ソフトランキングの首位は、3年ぶりのシリーズ最新作となる『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』(ポケモン/2022年11月18日発売/Switch)が獲得。年間販売本数は433.9万本と、前作『ポケットモンスター ソード・シールド』(ポケモン/2019年11月15日発売/Switch)が2019年に記録した年間販売本数298.8万本を大きく上回るペースで数字を伸ばしています。2位は368.8万本を販売した『スプラトゥーン3』(任天堂/2022年9月9日発売/Switch)で、こちらも前作を超える勢いで販売本数を積み上げました。

ハード市場では、主力商品に世界的な半導体不足と、サプライチェーンの混乱の後遺症が続いたものの、年末にかけて徐々に復調。年間販売台数では、3機種合計で480.5万台を販売したNintendo Switchが6年連続でトップとなりました。また、プレイステーション5は115.4万台、Xbox Series X|Sは27.0万台とそれぞれ前年の実績を上回り、今後のさらなる普及の拡大に注目が集まりそうです。

2023年のソフト市場は、『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』(任天堂/2023年5月12日発売予定/Switch)や、『ファイナルファンタジーXVI』(スクウェア・エニックス/2023年6月22日発売予定/PS5)といった強力な新作が登場する予定で、家庭用ゲーム市場のさらなる盛り上がりが期待されます。

(注)本データは、店頭・通販販売分となります。ダウンロード販売、アイテム課金などのデジタル決済は含みません。また、ソフトの売上本数については、集計期間中に店頭(通販含む)で販売されたすべてのタイトルを対象としています。2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。
(発売日は前に発売されたもの、価格は通常版を表示しています)

※本調査データは、 KADOKAWAグループのシンクタンクである角川アスキー総合研究所が調査し、KADOKAWA Game Linkage に提供しています。


eSports World の
Discord をフォローしよう
SALE 大会 チーム 他にも...? 他にも

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コラム VIEW ALL