【総額8,000万円!】TechnoBlood eSportsがプレシリーズAラウンドで資金調達を実施

2023.1.4 eSports World編集部
eスポーツ大会の運営およびeスポーツ施設の開業支援、コンテンツ流通事業等を行う株式会社TechnoBlood eSportsが、総額8,000万円の資金調達を実施した。

<以下、ニュースリリースより>

グローバルeスポーツ展開を推進


eスポーツ大会の運営およびeスポーツ施設の開業支援、コンテンツ流通事業等を行う株式会社TechnoBlood eSports(本社:東京都台東区、代表取締役社長:森島 健文、以下:TechnoBlood eSports)は、サイバーステップ株式会社、Hamee株式会社、日本ベンチャーキャピタル株式会社、株式会社コロプラネクスト、個人投資家よりプレシリーズAとして総額8,000万円の資金調達を実施したことをお知らせします。

■資金調達の概要
調達額:8,000万円(第三者割当増資)
引受先(順不同)
・サイバーステップ株式会社
・Hamee株式会社
・日本ベンチャーキャピタル株式会社
・株式会社コロプラネクスト
他、海外個人投資家1名

当社のeスポーツ事業について


当社は、ネットカフェ支援事業を行う株式会社テクノブラッド(以下、テクノブラッド)のeスポーツ事業およびコンテンツ事業の新設分割により2021年4月に設立しました。分社以前より『World Cyber Games』日本予選や『Cyber Games Asia』等の大規模な大会運営から中小規模の店舗大会まで累計3,000回以上のeスポーツ大会をサポートしてまいりました。


直近では、JR東日本エキナカ初の常設eスポーツ施設『Jexer e-sports station 松戸駅店』の立上げ等、eスポーツ施設開業・運営支援も積極的に行っています。また、昨年より国際eスポーツ連盟(IeSF)と提携し、グローバルeスポーツ大会の開催にも取組んでいます。

今後の展開


当社は今回の資金調達により、オンラインプラットフォームの開発、グローバル展開を推進するとともに、資本提携先との協業を通じて日本国内外でのeスポーツ事業展開をさらに拡大し、当社のビジョンである「世界中の人々に夢と感動を与えるグローバルeスポーツ企業になる」の実現に向けてよりいっそうまい進してまいります。

■株式会社TechnoBlood eSportsについて


TechnoBlood eSportsは「世界中の人々に夢と感動を与えるグローバルeスポーツ企業になる」をビジョンに掲げ、テクノブラッドのeスポーツ事業とオンラインゲーム、エンタテインメントコンテンツに関わるメンバーにより 2021年4月に設立されました。これまで培ったeスポーツ事業の実績・ノウハウをもとに、eスポーツ先進国である韓国に設立した子会社「株式会社World eSports League」と連携する事で、日本発のグローバルなeスポーツ展開を図り、日本のeスポーツ市場の発展に寄与してまいります。

【株式会社TechnoBlood eSports 概要(URL:https://tb-es.co.jp )】
会社名 : 株式会社TechnoBlood eSports(本社:東京都台東区)
設立 : 2021年4月
代表者 : 代表取締役社長 森島健文
所在地 : 東京都台東区蔵前3-1-10 蔵前セントラルビル6F
事業内容 :eスポーツ事業、PCカフェ向けコンテンツ事業、オンラインゲーム向けセキュリティ事業
eSports World の
Discord をフォローしよう
SALE 大会 チーム 他にも...? 他にも

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ゲーミングデバイス VIEW ALL