ARスポーツ『HADO』を展開する株式会社meleapが日本eスポーツ連合(JeSU)に正式加盟

2019.9.20 eSports World編集部
ARスポーツHADO』を展開する株式会社meleapが日本eスポーツ連合(JeSU)に正式加盟した。2019年12月15日(日)にヒカリエホールにて行われる「HADO WORLD CUP 2019」でも、過去最大規模の世界大会を開催する。

<以下、ニュースリリースより>

今ARスポーツ『HADO』がアツイ!


株式会社meleap(所在地:東京都港区、CEO:福田浩士)は、一般社団法人日本eスポーツ連合(会長:岡村秀樹、英語名:Japan esports Union、以下「JeSU」)に、正会員として加盟したことをお知らせいたします。

株式会社meleapが開発、運営を行っているARスポーツ『HADO』は、テクノロジーを使った日本発の新しいスポーツとして、全世界で着実に競技人口を増やし続けています。

12/15(日)にヒカリエホールにて行われる「HADO WORLD CUP 2019」でも世界各国からHADOチームを招聘し、過去最大規模の世界大会を開催いたします。

この度のJeSU正会員加盟により、よりいっそうeスポーツシーンとの連携も強化していき、新しい形のeスポーツとして日本のeスポーツ産業の発展に努めてまいります。

また、国内外で活躍できる選手の育成や地位の向上を目的とした、HADOプレイヤーへのプロライセンス発行に関しても現在協議を進めております。

JeSU について


JeSUは2018年1月に既存のeスポーツ3団体(一般社団法人日本eスポーツ連盟、一般社団法人日本eスポーツ協会、一般社団法人e-sports促進機構)を統合し、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)、一般社団法人 日本オンラインゲーム協会(JOGA)の全面的な協力を得て設立したeスポーツ団体です。
eスポーツ選手が日本および世界で活躍するための更なる土壌の整備を進めるとともに、eスポーツの振興を通して、国民の競技力の向上およびスポーツ精神の普及を目指し、経済社会の発展に寄与することを目的としています。

HADOとは

HADO(ハドー)とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、AR技術を使ったスポーツです。3対3のチームにわかれ、エナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦します。

現在、当社はHADOシリーズをアジア、北米、南米、ヨーロッパ、中東、アフリカなど世界26ヶ国65箇所に店舗を展開し、延べ160万人以上が体験しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます