障害当事者の健康管理をテーマとしたユニット「HealthCare Fortia」活動開始のお知らせ

2022.5.26 eSports World編集部
株式会社ePARAが、バリアフリープロジェクト「Fortia」の新ユニットとして、障害当事者の健康管理をテーマとしたユニット「HealthCare Fortia」(ヘルスケアフォルティア)の活動を開始した。

<以下、ニュースリリースより>

「HealthCare Fortia」とは?


「HealthCare Fortia」は、障害当事者の健康管理をテーマとしたePARA発のユニットです。主にフィットネスゲームの「Fit Boxing2」「リングフィットアドベンチャー」などをプレイしながら、障害当事者のひとりひとりが各々の健康増進に向けた取り組みを行います。

一方で、ゲームだけに留まらないのが我々のユニットの特徴です。コミュニケーションツールを用いてフィットネスを継続するためのモチベーションの維持、栄養管理と健康管理等の情報交換やバリアがあるからこそ見える多くの疑問や悩みも議論を行っています。バリアを超越したアイデアと工夫でQOLの向上を目指します。

「HealthCare Fortia」メンバー紹介



ニャーサエ(キャプテン)
双極性障害当事者。長年、向精神薬の副作用による体重の大幅な増減に悩まされている。結婚を機にウェディングドレスを着たい!と、目標を立てて減量スタート。持病の症状を把握して体調をコントロールしつつフィットネスを継続。


さこつ(コーチ)
統合失調症、喘息、群発頭痛、偏頭痛と持病の数え役満を自称しながらも、1年半で25キロの減量に成功(https://epara.jp/fitboxing-sakotsu-210612/)。現在もほぼキープし続けているが表にはそれをあまり出さない影の努力家。作家、漫画家、ボカロPの顔を持つ。


夕立P
会社員、ボカロPと多才な顔を持つ統合失調症当事者。天才的な発想と行動力でNintendo Switchで発売されているほとんどのフィットネスゲームを難なくプレイする。仕事とクリエイティブ活動、フィットネスの両立の実現を目指す。


まるぽす
日本に100人程しかいないアイザックス症候群の当事者。普段は車椅子で生活をしているが「リングフィットアドベンチャー」を上半身だけでプレイする動画https://youtu.be/Lutkwwk4TeE)で楽しそうにプレイしている姿は大きな反響を呼ぶ。


茶鏡
発達障害当事者であり、イラストレーターとしても活動している。動くのが億劫なタイプだと自覚があり、ハードな運動はせずに近所のお散歩やお出かけ等、自分のできる範囲でカロリー消費を目指す。


なおや
先天性の全盲格ゲープレイヤー。声優、ナレーターとしても活躍。ゲームでフィットネスには参加できないもののウェアラブル端末を用いて歩数での消費カロリーから健康管理を行う。キレがある意見からユニットの流れをヘルスケア重視に転換させた。

「HealthCare Fortia」主な活動内容


フィットネスゲーム、ウェアラブル端末、その他、各自が無理のない運動方法での健康維持
私立ePARA学園で健康管理をテーマとした座談会
コミュニケーションツールを用いて情報交換とモチベーション維持のための励まし合い
ePARAのニュースサイト(https://epara.jp)における活動の情報発信
ePARA CARNIVAL内でのヘルスケア文脈での実践的な挑戦

今後の目標とする活動内容


バリアに応じた無理のない健康管理方法をテーマとした情報発信
バリアがあることで健康そのものを諦めていた方の希望となれるような活動の実践
フィットネス、運動ができなかった日があっても誰も責めない、責められない、見守る優しさを持ったコミュニティ作り

「HealthCare Fortia」についてのお問い合わせ

「HealthCare Fortia」の活動をサポートしてくださる企業様・個人の方・障害をお持ちの方、そして共に活動したい障害当事者の方は随時募集しています。下記、連絡先よりお問い合わせください。
株式会社ePARA 「HealthCare Fortia」担当宛

問い合わせフォーム : https://epara.jp/contact/
E-mail:info@epara.jp
Tel: 03-4400-2855

株式会社ePARA概要

代表取締役:加藤大貴
事業の目的:ePARAは大会やイベントの運営・受託業務の履行・障害者雇用の推進およびそれらの情報発信を通じ、世の中の人に「困難や限界を超える精神や力」への気づきを与え、誰もが輝ける社会の実現を目指します。

事業内容
1.eスポーツイベント事業(バリアフリーeスポーツの企画、運営、支援)
2.就労支援事業(障害者を中心とした就労支援、継続支援)
3.ウェブマーケティング事業(企画、調査、解析、デザイン、制作、開発、運用)
4.メディア運営事業(バリアフリーeスポーツに関するニュースサイト「ePARA」)
5.コーチング事業(メンタルコーチング、ゲームタイトル別コーチング)

HP:https://epara.jp/
関連メディア
コトナル:https://cotonaru.yahoo.co.jp/

Twitter
テルル (バリアフリーeスポーツ ePARA オフィシャル):https://twitter.com/ePARA_official
加藤大貴:https://twitter.com/koken_3
バリアフリープロジェクトチーム「Fortia」from ePARA:https://twitter.com/b_fortia

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます