【144Hz+1ms+HDR】MSIから34インチ湾曲ウルトラワイドゲーミングモニターに新機種が登場! UWQHD解像度の圧倒的な情報量でゲームを有利にプレイ可能 「Optix MAG342CQ」発売

2022.5.19 eSports World編集部
MSIからゲーミングモニターOptix MAG」シリーズの新モデル「Optix MAG342CQ」本日2022年5月19日(木)より発売。ウルトラワイドディスプレイで圧倒的な没入感が期待できる。

<以下、ニュースリリースより>

Optix MAG342CQ


「Optix MAG342CQ」はUWQHD(3,440 × 1,440)の21:9湾曲パネルを搭載することにより、一般的な16:9のモニターでは得られない圧倒的な情報量を表示可能で、ゲームはもちろん表計算ソフトや動画編集、複数のアプリケーションを並べて表示するなどさまざまな用途にご使用いただけます。

性能としてリフレッシュレート144Hz、応答速度1msの高いスペックで残像感の少ない映像で快適にゲームプレイを楽しむことができ、HDR対応でリアルな映像表示が可能となり、同期機能としてAdaptive-Sync、暗いシーンでも視認性を上げるナイトビジョン、角度や高さ調整可能なエルゴノミクススタンド、長時間の使用でも目の疲れを軽減するアンチフリッカー、ブルーライトカット機能を搭載しております。入力端子はHDMI2.0 ×2、DisplayPort 1.4 ×1に対応しており、パソコンやゲーム機など複数の機器を接続する事が可能です。



■ Optix MAG342CQ製品ページ: https://jp.msi.com/Monitor/Optix-MAG342CQ

湾曲パネル


肉眼に近いカーブを描いており、高い没入感で集中力が高まりやすく、短い視線移動で画面全体を把握できます。


リフレッシュレート144Hz / 応答速度1ms


144Hzの高リフレッシュレートと1msの応答速度で一般的なモニターと比べてレースゲームやFPSゲームなど激しい動きのゲームでも滑らかな映像を残像感なく表示できます。


Adaptive-Sync / ナイトビジョン


対応のグラフィックボードの組み合わせでカクつきやティアリング現象を抑え流れるような滑らかな表示が可能です。また、視界が確保しづらい夜や暗闇のシーンでもナイトビジョン機能によりしっかりと視界を確保できます。


HDR


肉眼での見え方に近く、暗いシーンでの黒つぶれや明るいシーンで白飛びのない現実に近い描写で圧倒的臨場感を提供します。


広色域対応


ゲーミングモニターながら広い色域をカバーしており、豊かな色再現が可能です。ゲームプレイはもちろん、動画視聴や写真等も綺麗な色合いで楽しむことができます。


エルゴノミクスデザイン


豊富な位置調整機能で長時間の使用でも疲れを軽減するエルゴノミクスデザインを採用し、ベストなポジションで快適に使用することができます。


目に優しい機能


アンチフリッカー機能、ブルーライトカット機能により、長時間の使用でも目の疲れを軽減し疲れを感じにくい状態を維持します。


VESA75


付属しているスペーサーネジを使用してモニターアームを取り付けることができます。モニターアームを使用することで机の上のスペースを有効活用することが可能です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます