ライアットゲームズ、APAC各国にオフィスを新設し取り組みを強化

2022.2.24 eSports World編集部
ライアットゲームズは、アジア太平洋地域(APAC)における事業を再編し、日本、シンガポールだけでなく、フィリピン、インド、インドネシア/マレーシア、タイにもパブリッシングオフィスを新設する。

なお、2月21日に合同会社ライアットゲームズの社長/CEOであった小宮山真司氏が、Riot Games Services PTE. LTD. アジアパシフィックオフィスのカントリー マネージメントディレクターに就任し、パブリッシング統括部 統括ディレクターの藤本恭史氏が、新たに社長/CEOに就任している。

<以下、ニュースリリースより>

APAC地域の事業再編を再編 オフィスを各国に新設


2022 年 2 月 24 日 - ライアットゲームズは、急成長するアジア太平洋地域(APAC)における事業再編に関する最新情報を発表しました。ゲーム、エンターテインメント、ライフスタイルをリードするブランドである同社は、各地域への密着、現地語化を強力に推し進め、パブリッシング活動の範囲を日本およびインドまで拡大していきます。

ライアットはこれまでシンガポールのオフィスを拠点に東南アジアに向けたビジネスを展開し、日本にもオフィスを持っていましたが、今後はフィリピン、インド、インドネシア/マレーシア、タイに新たなパブリッシングオフィスを開設します。

また、アジア太平洋地域のパブリッシング活動を主導するため、これまで新興国市場(東南アジア、インド、ラテンアメリカ、ブラジル、中東、北アフリカ、日本)の担当マネージング・ディレクターであったAlex Kraynov が、新たにアジア太平洋地域マネージングディレクターに就任しました。

今回の組織再編により、ライアットの運用モデルは、パブリッシングを筆頭に、ゲーム、エンターテインメント、eスポーツ、エンタープライズを事業の柱としながら、多様化していくことになります。

世界で最もプレイヤーにフォーカスしたゲーム会社になることを目指し、ライアットはここ数年で『 VALORANT』、『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』など複数の新タイトルをリリースしてきました。また、Riot Forgeのタイトルとして『Ruined King』と『ヘクステックメイヘム』のリリースも行いました。そして、ライアットの代表的なゲームである『リーグ・オブ・レジェンド』は、過去10年間に全世界で6億人を超えるプレイヤーを獲得しています。

ゲームの分野以外では、Netflixでアニメーションシリーズ『Arcane』をリリースし、世界的に高い評価を得ています。また、ライアットゲームズのミュージック部門は著作権フリーの音楽コレクションである『Riot Sessions』や、バーチャルメタルバンド Pentakill によるEP、『Lost Chapter』をリリースし、活動を拡大しています。また、ユニクロなどのブランドと提携し『リーグ・オブ・レジェンド』UTグラフィックTシャツ
のコレクションを発売するなど、ファッションの分野でもその活動の場を広げ続けています。

最近では、フィリピンのアーバンストリートウェアブランド「Team Manila」とコラボレーションし、タクティカ ルシューター『VALORANT』初のフィリピン人エージェント「ネオン」の登場を記念して、限定カプセルコレ
クションを発表しました。

シンガポールの東南アジア本社を2018年に再設立して以来、ライアットはスタッフを大幅に増員し、同地域でのパブリッシングを倍増させました。この組織拡大によって、フィリピン、タイ、インドネシア、マレーシア、インドなどの主要市場における現地オフィスの設立やカントリーマネージャーの採用、ライアット日本オフィスとのパブリッシング提携やシンガポールのパブリッシング拠点の強化を行い、地域全体で80人以上のスタッフを抱えるまでになりました。アジア太平洋地域におけるパブリッシングの主要部門は、カントリーオペレーション、パブリッシング パートナーシップ、ブランドマーケティング、グロースマーケティング&サービス、ビジネスデベロップメント、リージョナルテックです。

今回の組織再編について、ライアットゲームズのアジア太平洋地域担当マネージングディレクターであるAlex Kraynovは「これは東南アジアにおける当社のパブリッシングビジネスにとって自然な前進であり、ライアットにとってAPACは世界最大の地域となる可能性を秘めていると認識しています。この地域は複雑に多様化しており、幅広いニーズを持つ巨大なゲームコミュニティーと、モバイルゲームに対する強い意欲があります。

この数年間、シンガポールと日本のオフィスは、新作のゲームを複数リリースし、新たなeスポーツリーグを育成し、プレイヤーが熱狂し、喜んでもらうために努力してきました。アジア太平洋地域の主要市場においてライアットの存在感をより強く示すために、こうした取り組みをさらに強化し、世界で最もプレイヤー志向のゲーム会社となるべく努力し続けることに、大きな喜びを感じています」

Alex Kraynovをアジア太平洋地域のパブリッシングのリーダーに迎えたほか、チーム内では以下のリーダーが任命されました。

  • Shinji Komiyama、アジア太平洋地域カントリーマネジメント担当ディレクター
  • Jennifer Poulson、アジア太平洋地域パブリッシング パートナーシップ部門責任者
  • Alasdair Gray、アジア太平洋地域マーケティング責任者
  • Derek Winder、アジア太平洋地域事業開発部門責任者
  • Yasushi Fujimoto、カントリーマネージャー(日本)
  • Joel Guzman、カントリーマネージャー(フィリピン)
  • Resha Pradipta、カントリーマネージャー(インドネシア/マレーシア)

このリーダーシップチームは2022年以降も成長を続け、タイのカントリーマネージャー、インドのカントリーマネージャー、グロース&マーケティングサービス部門責任者、リージョナルテック部門責任者が任命される予定となっています。


ライアットゲームズ
https://www.riotgames.com/ja


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます