川崎市立高校のゲスト講師として、eスポーツチーム「SCARZ」代表の友利氏が授業に参加

2022.2.15 eSports World編集部
2022年1月26日(水)、川崎市立高津高校の3年生に向けた授業で、eスポーツチーム「SCARZ」代表、友利洋一氏がゲスト講師を務めた。

<以下、ニュースリリースより>

テーマは「めずらしい職業・なるのが難しそうな職業の職業人インタビュー」


1月26日(水)川崎市立高津高校にて「めずらしい職業・なるのが難しそうな職業の職業人インタビュー」をテーマに行った授業で、SCARZ代表友利洋一がゲスト講師を務めました。

川崎市立高津高校 4年制定時制の3年生に向けた授業で、めずらしい職業・なるのが難しそうな職業として「プロゲーマー」の説明を代表の友利よりお話いたしました。

今回の授業は、めずらしい・なるのが難しいと思われてる職業になぜ(どのように)たどり着いたのか、「好き・得意・趣味」を職業にすることの違いや、困難・めずらしい職業ならではの魅力や課題などを、進路に悩む高校3年生の生徒の方々に理解していただくのが目的となっております。

授業はインタビュー形式で行われ、プロゲーマーになるためにはどのようにすればいいのか、どのような人が向いているのか、など定番の質問や気になる給料制度などもお話いたしました。

学生の中にはesportsの大会を観ている方もおり、現在10部門を抱えているSCARZに対し、「次はどのタイトルで部門を設立する予定ですか?」と興味津々で質問をする様子も見られました。


また、プロゲーマーという職業だけでなく、友利自身がsportsチーム運営者を目指すきっかけとなったことや苦労、今後のSCARZとしての将来のビジョンなどもお話いたしました。

以下、インタビュー内容一部抜粋

◆質疑応答
Q.現在の職業を始めるきっかけはなんですか?
友利「僕は昔、音楽をやっていたのですが音楽での夢は叶わず。音楽ともうひとつ好きだったのがゲームで…。当時はesportsチームがまだ存在しておらず、僕がプロゲームチームを作るって言ったときに、そんなの絶対無理だと周りから言われたんですけど、自分が当時ゲームでご飯が食べれなかったので、今の若い子たちにそういう器を作ってあげたいと思いチームを設立しました。」

Q.現在の職業での夢はありますか?
友利「ひとつは、さまざまな大会やイベントを開いたり、皆さんにesportsを身近に感じてもらえるように川崎からどんどんesportsを広げていきたいと思っています。もうひとつの夢は、世界に勝てるチームが川崎にある、という形を作りたいと思っていて、その目標に向かって今突き進んでいます。」

今回の授業は、生徒の方々にesports運営やプロゲーマーという職業を知っていただく貴重な機会となりました。
今後も、SCARZは川崎地域の皆様にesportsの魅力を知っていただくさまざまな取り組みを継続してまいります。

SCARZについて

会社名:
株式会社XENOZ

設立:
2016年4月25日

本社所在地:
神奈川県川崎市川崎区駅前本町15-5 十五番館ビル 701

代表者:
友利 洋一

事業内容:
2012年に発足、2015年にプロフェッショナルeスポーツチームとして法人化。国内有数の大型チームとして12部門を有し、国内・海外の大会で多くの実績を残す。『KEEP IT REAL』というスローガンを掲げ、SCARZと関わるすべての人が本物で在り続けるために、正真正銘のプロフェッショナルとして活動し、夢を追い続けることができる道を共に創っていくことを目指している。人気FPS「Apex Legends」では競技シーンとして最も大きな大会『Apex Legends Global Series Championship 2021 – EMEA』をSCARZヨーロッパチームが優勝する大躍進。

《HP》https://www.scarz.net/
《Twitter》https://twitter.com/SCARZ5
《Facebook》https://www.facebook.com/scarzjpn
《Instagram》https://www.instagram.com/scarz_jp/
《お問い合わせ》https://www.scarz.net/contact

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます