【テーマはチャンネル(CH)】『beatmania IIDX 29 CastHour』が稼働開始!

2021.10.21 eSports World編集部
アミューズメント施設向け音楽ゲームbeatmania IIDX」シリーズの最新作『beatmania IIDX 29 CastHour』が絶賛稼働中。チャンネルをテーマにした演出やビジュアルは必見!

<以下、ニュースリリースより>

シリーズ最新作は番組の「チャンネル(CH)」がテーマ!


株式会社コナミアミューズメントは、アミューズメント施設向け音楽ゲーム「beatmania IIDX」シリーズの最新作『beatmania IIDX 29 CastHour』(ビートマニア ツーディーエックス ニジュウキュウ キャストアワー)の稼働を2021年10月13日(水)から開始したことをお知らせします。


「beatmania IIDX」シリーズは、7つの鍵盤とターンテーブルを操作して音楽を奏でるDJシミュレーションゲームです。最新作『beatmania IIDX 29 CastHour』は、「チャンネル(CH)」をテーマにした演出やビジュアルへ一新しました。さまざまなコンテンツを配信・視聴することができるプラットフォームをモチーフに、新たなモードやイベントを提供していきます。

また、新ノーツ「マルチスピンスクラッチ(MSS)」の追加や、判定調整機能の拡張など、進化したプレー環境でDJシミュレーションをよりいっそう盛り上げます。

LIGHTNING MODELにおいては、搭載されているサブモニターに表示されるプレミアムエリアに「ランダムレーンチケット」、「ヒットチャート」が新たに登場し、より良いプレー環境を実現しています。さらに、今作も国内の最先端アーティストによる書き下ろしクラブトラックに加え、人気J-POP楽曲も多数収録しています。ぜひ、この機会に『beatmania IIDX 29 CastHour』をお楽しみください。




マルチスピンスクラッチ(MSS)


新ノーツ「マルチスピンスクラッチ(MSS)」が登場!マルチスピンスクラッチは複数のバックスピンスクラッチが繋がった状態でレーンに落ちてきます。始点ノーツからターンテーブルを回し続け、中間ノーツのタイミングで回す方向を反対に切り替えながら、そのままターンテーブルを回し続けます。



ランダムレーンチケット


LIGHTNING MODEL専用機能として、チケット記載の配置で楽曲がプレーできる「ランダムレーンチケット」が登場!プレミアムエリアからランダムレーンチケットの獲得や設定を行うことができます。チケットをセットした状態でRANDOMオプションを有効にして楽曲を選択するとセットしているチケットが消費され、そのプレーでチケット記載の配置が反映されます。


判定調節機能の拡張


1. 判定タイミング自動調節機能
プレー中に判定位置を自動調節する機能を新たに追加!プレー中のFAST/SLOW割合をもとに、楽曲プレー中に自動的に判定タイミングが調節されます。


2. プレー中に判定タイミング調整が可能
プレー中にテンキーを入力することで自動調整の切替や手動でのタイミング調整ができるようになりました。

テンキー0 自動調整のON/OFF切替
テンキー3 判定位置を下げる
テンキー9 判定位置を上げる


さらに充実した要素・機能


ヒットチャート
楽曲の人気ランキングがわかる「ヒットチャート」がLIGHTNING MODELのプレミアムエリアに追加


ベストスコアの使用オプション表示
スコアグラフの下に使用オプションが表示されるようになりました。自己ベストのほか、ライバルがどのオプションでベストスコアを出したかなどの確認も可能。


『beatmania IIDX 29 CastHour』公式HP
URL: http://p.eagate.573.jp/game/2dx/29/

©Konami Amusement

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます