【Arthur選手加入】eスポーツチーム「Sengoku Gaming」が幅広い年齢層に人気のフォートナイト部門を新設!

2021.3.1 eSports World編集部
プロeスポーツチーム「Sengoku Gaming」が、「FORTNITE部門」を新たに設立。設立に伴い、「STAGE:0」 2019年準優勝の実績を持つ「Arthur」(アーサー)選手が加入した。

<以下、ニュースリリースより>

大会への出場に加え、企業のeスポーツ部活動支援などを実施


株式会社戦国(本社:福岡県福岡市 代表取締役:中島 英隆)が運営するプロeスポーツチーム「Sengoku Gaming」は、「FORTNITE部門」を新たに設立し、「STAGE:0」2019年準優勝の実績を持つ「Arthur」(アーサー)選手が加入したことをお知らせいたします。

『FORTNITE(フォートナイト)』は、Epic Gamesが販売・配信する2017年に公開された、全世界で3億5千万人のプレイヤー数を突破した子どもから大人まで幅広く人気があるTPS(サードパーソン・シューティング)ゲームタイトルで、eスポーツ分野においても世界中から注目を集めております。

この度「Sengoku Gaming」は新たな世界への挑戦と、企業や学校などのeスポーツ活動支援などコミュニティ活性化のため「FORTNITE部門」を新設するとともに、2019年のSTAGE:0(ステージゼロ)で準優勝など高い実績を持つArthur選手が加入することとなりました。

今回加入するArthur選手は、高いプレイスキルのみならず、専門学校などでの講師としての高い経験、知識を有しており、今後はそれらを生かした企業・学校などのeスポーツ活動の支援を行い、eスポーツコミュニティのさらなる拡大にも取り組んでまいります。

第1弾の取り組みとして、現在「Sengoku Gaming」のスポンサー企業である「木村情報技術株式会社」様のeスポーツ部の活動支援を3月から開始いたします。
※「木村情報技術株式会社」のeスポーツ部活動について(Facebook)
https://ja-jp.facebook.com/KITinformation/

木村情報技術株式会社 橋爪取締役CIO様 コメント

弊社は、地元九州を盛り上げていきたいという思いに共感し、昨年よりSengoku Gamingのスポンサーに就かせていただきました。地域に元気を取り戻すためには、人の交流が不可欠であると考えています。

弊社は、Sengoku Gamingと共に、コミュニティでの大会開催など さまざまな催しを通じて、地域活性に取り組んでいきたいと思っております。幅広い世代に人気のゲームを対象として、eスポーツの裾野を広げていく一助となれればと思っております。

「Sengoku Gaming」は今後もeスポーツを通じてビジネスの更なる発展や青少年の教育・育成など社会課題の解決に取り組んでまいります。

フォートナイト部門加入選手の紹介



選手名:Arthur(アーサー)
年 齢:18歳
出 身:群馬県
主な実績:STAGE:0(ステージゼロ)2019 準優勝
Twitter :@Aimpi
その他経歴:専門学校などでの講師業

<Arthur選手のコメント>
この度Sengoku Gamingに加入することになりましたArthurです!
まだ18歳ですが、『フォートナイト』がリリースされた当初からプレイしているので、チーム経験や大会実績もすでにベテラン級であると自負しています。
今までの経験と若さを生かして、このチームでさらに大会実績を積み重ねていけるよう、努力してまいります! 応援よろしくお願いいたします!

Sengoku Gamingについて


Sengoku Gamingは「九州から世界へ」をスローガンに掲げ、九州・福岡を拠点に活動するプロeスポーツチーム。

海外選手を含め20名を超える選手が所属しており、現在扱っているゲームタイトルは『リーグ・オブ・レジェンド』をはじめ、『PUBG MOBILE』、『リーグ・オブ・レジェンド:Wild Rift』、『VALORANT」』、『レインボーシックスシージ」』、『グランツーリスモ』、『Apex Legends』、『フォートナイト』の8部門。

プロ選手のスキルと人間性を高め、世界から憧れの対象となるようなeスポーツチームを創り、社会的に活躍できる場を広げるとともに、礼儀・礼節を重んじるクリーンなチーム作りや、日本らしいスポーツ文化・情熱を国外に発信することで、子どもたちの憧れや夢となるチームを目指しています。

公式HP :https://sengokugaming.com/
公式SNS:https://twitter.com/Sengoku_Gaming


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コラム VIEW ALL