【日本初!】MSIからAMD Radeon RX 5600 XT を搭載した「Radeon RX 5600 XT GAMING MX」を発売

2020.7.30 eSports World編集部
MSIから、AMDのRDNAアーキテクチャを採用し、ディスプレイのティアリングを防止する機能である「FreeSync」や、低解像度のコンテンツを鮮明にする超解像処理機能の「Radeon Image Sharpening」に対応したGPUであるRadeon RX 5600 XTを搭載したグラフィックスカードとして「Radeon RX 5600 XT GAMING MX」を2020年8月1日(土)より発売する。

<以下、ニュースリリースより>

黒を基調としたシックなデザインの高冷却モデルで、ゲーマーはもちろん、幅広いユーザーにもおすすめ


本製品はRadeon RX 5000シリーズ国内初のGAMINGシリーズで、黒とアイアングレーを基調としたシックで高冷却なデュアルファンクーラーを搭載し、ゲーマーにはもちろん、幅広いユーザーにおすすめの製品です。

【Radeon RX 5600 XT GAMING MXの主な特徴】
●最新のPCI Express 4.0に対応したRDNAアーキテクチャを採用

AMD Radeon RX 5600 XTは、PCI Express 4.0 x16に対応したRDNAアーキテクチャを採用しています。PCI Express 4.0対応環境下ではより高速な性能を発揮することが可能で、第3世代AMD Ryzenプラットフォームの性能をよりいっそう引き出すことが可能です。

● GDDR6 6GB 14Gbpsのメモリを搭載
メモリはGDDR6 6GBを搭載、メモリスピードは14Gbpsにアップデートされています。また、初めからAMDの最適化を行っています。

●黒とアイアングレーを基調とした新型デュアルファンクーラー搭載
MSI GAMING MXグラフィックスカードは、MSIの独自設計ファン「トルクスファン3.0」を2基搭載しています。デザインは黒とアイアングレーを基調としたシックな外観で、バックプレートを搭載しています。

さらにMSI独自のオーバークロックユーティリティAfterburnerを利用することで、システムに応じてより高クロックかつ安定したオーバークロック動作を試すことができます。また、MSI製マザーボードやデスクトップPC、モニターなどをご利用の方は、MSI独自のアプリケーションであるDragon Centerにより、ひとつのユーティリティで簡単かつ包括的な設定を実現します。

【製品仕様】



■Radeon RX 5600 XT GAMING MX:
https://jp.msi.com/Graphics-card/Radeon-RX-5600-XT-GAMING-MX



■BCN AWARD 2020「グラフィックボード」部門No.1受賞
MSIは、POSデータに基づいてNo.1メーカーを讃えるBCN AWARDの「グラフィックボード」部門において、最優秀賞を受賞致しました。
BCN AWARDとは、全国の家電量販店などから集計している実売データ(POSデータ)をもとに、部門(ジャンル)ごとに年間販売数量1位の企業を表彰する制度です。
https://www.bcnaward.jp/award/section/detail/contents_type=214

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます