「FRONTIER」からAMD X570チップセット搭載デスクトップパソコン3機種を発売

2020.4.27 eSports World編集部
BTOパソコンの販売を行うインバースネット株式会社から、2020年4月21日(火)より、デザイン性が高くコストパフォーマンスに優れた「GHシリーズ」にAMD X570チップセットマザーボードを搭載したデスクトップパソコン3機種を販売中。

<以下、ニュースリリースより>

イルミネーションがPCを鮮やかに彩る!


このたび販売を開始する製品は、デザイン性が高くコストパフォーマンスに優れた≪GHシリーズ≫に、第3世代AMD RyzenプロセッサーとAMD X570チップセットマザーボードを搭載したデスクトップパソコンです。「GHシリーズ」は、対応機器のLEDを同期させる「ASROCK POLYCHROME SYNC」に対応し鮮やかな照明効果を楽しむことができます。

このたびグラフィックスカード、CPU、ストレージなどのスペックが異なるモデルを3機種ご用意しました。ぜひお好みのモデルをお選びください。

こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア( https://www.frontier-direct.jp/ )にて、2020年4月21日(火)より販売を開始しています。

▼AMD X570チップセット搭載≪GHシリーズ≫はこちら
https://www.frontier-direct.jp/direct/c/cGH-X570/?adid=pre&mn=g2020042102&argument=3TgXVMFw&dmai=PR-2004210201


■製品の特長
<イルミネーションを自在にコントロール!ASROCK POLYCHROME SYNCに対応した電飾PC>
第3世代Ryzenを搭載したGHシリーズは、対応機器のLEDを同期させる「ASROCK POLYCHROME SYNC」に対応したPCケースを採用しました。前面パネルに縦に2本、左側面の横方向のラインと強化ガラスサイドパネル越しに見える背面ファンが鮮やかに光ります。専用のユーティリティソフトで「STROBE」、「CYCLING」、「SPRING」など驚きの一体感のある発光パターンを楽しめます。

電源スイッチ、USB3.0ポート、オーディオ端子を上面に配置し、前面はLED発光部のみの極めてシンプルなデザインです。長さ40cmまでの高性能グラフィックスカードや水冷CPUクーラーが搭載できます。
前面と底面の吸気口から背面と上面の排気口まで極力凹凸を排除しスムーズなエアフローを実現しました。

<第3世代 AMD Ryzenプロセッサー搭載>
第3世代AMD Ryzenプロセッサーは、AMDの7nmテクノロジーの新CPUマイクロアーキテクチャ「Zen 2」により、従来の「Zen/Zen+」より性能を大きく引き上げました。これにより、ゲーマーやクリエイターは、革命的な性能や比類のないテクノロジーと並外れた技術革新を体験することができます。

特に最新のCPUのAMD Ryzen 9 3950Xは、同じRyzen 9 シリーズのRyzen 9 3900Xからコア数/スレッド数を増加させ16コア32スレッドとなったトップクラスのコンシューマー向けCPUです。Zen2アーキテクチャの利点はそのままにRyzen 7 3800XやRyzen 9 3900Xと同じTDPを維持しているにも関わらず、ターボコアではRyzen 7 3800XやRyzen 9 3900Xをも上回っています。

世界初のPCIe 4.0接続を備えたこの新しいプロセッサーにより、ユーザーは最新かつ最先端のマザーボードとグラフィックス、そしてストレージ・テクノロジーを活用することが可能です。

ASRock製 X570 Pro4マザーボード採用>
特大のアルミ合金製ヒートシンクを備え、効率的な排熱が可能で耐久性に定評のあるASRock製『X570 Pro』を採用しました。従来の第3世代よりも約2倍の速度で動作可能な新世代PCI Express 4.0 M.2を2基搭載しています。熱暴走を防ぐ為、サイズの大きいフルカバーM.2ヒートシンクを備えています。

インターフェースにはUSB3.2 Gen2、USB3.2 Gen2 Type-Cを1つずつ、USB3.2 Gen1を6つ装備し、多彩な周辺機器の接続にも十分に対応できます。

<品質・信頼性の高い日本製コンデンサ採用>
80PLUS認証を取得した電源を標準搭載しています。消費電力や排熱が少ないので、電源の長寿命化などが期待できます。また、恒常的に温度が上がりやすい電源ユニットに、日本製コンデンサを採用することで、安定した直流電源の出力を実現しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます