「FRONTIER」がゲーマー、ストリーマー向けのインテル Core Xプロセッサー搭載デスクトップパソコン3機種発売!

2019.11.27 eSports World編集部
PC通販サイト「FRONTIER」は、10000番台 インテル Core X シリーズ・プロセッサー・ファミリーを搭載sしたデスクトップパソコンを2019年11月26日(火)より販売開始。予算や用途に合わせて、3モデルを用意している。

<以下、ニュースリリースより>

冷却性能の高い空冷、水冷CPUクーラーを選択可能


インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、2019年11月26日(火)より、10000番台 インテル Core X シリーズ・プロセッサー・ファミリーを搭載したデスクトップパソコンの販売を開始しています。

■製品の概要
このたび発表する新製品は、11月25日(月)22時より国内販売を開始いたしました「10000番台 インテル Core X シリーズ・プロセッサー・ファミリー」を搭載したデスクトップパソコンです。CPUやストレージなどのスペックが異なるモデルを3機種ご用意しました。 ぜひお好みのモデルをお選びください。

こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア( https://www.frontier-direct.jp/ )にて、2019年11月26日(火)より販売を開始しています。

▼10000番台 インテル Core X シリーズ・プロセッサー・ファミリー搭載 デスクトップパソコンはこちら
https://www.frontier-direct.jp/direct/c/cGB-X299/?adid=pre&mn=g2019112602&argument=3TgXVMFw&dmai=PR-1911260201

■製品の特長

<10000番台 インテル Core X シリーズ・プロセッサー・ファミリー搭載>

開発コード「Cascade Lake-X」のインテル Core X シリーズ・プロセッサー・ファミリーは、同コア数の前CPUと比較してターボブースト時の最大動作クロックが向上しました。インテル ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー3.0に対応し、通常のターボブーストのターボブースト時の上限を超えてより高い動作周波数を実現できます。
4K解像度以上でのクリエイティブ作業や最新ゲームタイトルのストリーミング配信など、膨大なデータ処理を快適にこなす事ができます。

<ソケット2066 Core Xシリーズ プロセッサー用のASUS製 Prime X299-Aマザーボードを採用>
マザーボードには高い性能と安定性に実績のあるASUS製『Prime X299-A』を採用。CPU電圧の制御やオーバークロック関連の処理を行う「TPU」(TurboV Processing Unit)と、電源回路の制御をはじめとする電力供給関連の処理を行う「EPU」(Energy Processing Unit)に加え、通常のマザーボードには搭載されていないカスタムチップ、「PRO Clock」チップというCPU用のクロックジェネレーターを搭載しています。

これら3つのカスタムチップを互いに連携させてCPU電圧の制御、電源回路の制御、オーバークロックの制御を行うことで、CPUの性能を最大限に引き出せることがASUS製マザーボードの最大の特徴です。

<冷却性能の高い空冷、水冷CPUクーラーを選択可能>
PC内の空間が広いため大型のCPUクーラーが搭載可能です。CPUを集中して強力に冷却するサイドフロータイプを採用した空冷CPUクーラーやメンテナンスフリーの水冷クーラーをお選びいただけます。

<FRONTIER GBシリーズ>
Phanteks製フルタワーケースで前面に大型20cmファンを1つ、背面と天面に12cmファンを合計4つ標準で装備しています。またケーブルをマザーボード裏面側で配線しており、徹底的にエアフローにこだわっています。
[外部寸法 ※突起部含む]幅(W):約234mm x 高さ(H):約533mm x 奥行(D):約558mm

<品質・信頼性の高い日本製コンデンサ採用>
80PLUS認証を取得した電源を標準搭載しています。消費電力や排熱が少ないので、電源の長寿命化などが期待できます。また、恒常的に温度が上がりやすい電源ユニットに、日本製コンデンサを採用することで、安定した直流電源の出力を実現しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます