ASUSが冷却性能を高い2種類のファンを採用した「GeForce® RTX 2080/2060 SUPER」搭載のビデオカード2製品を発表

2019.11.14 eSports World編集部
ASUSがGeForce® RTX 2080/2060 SUPER搭載で、外排気式クーラーと、Axial-techファンを採用したビデオカード2製品を発表。発売日は2019年11月15日(金)になる。

<以下、ニュースリリースより>

冷却性のを重視した2種のビデオカード


GeForce® RTX 2080/2060 SUPER を搭載した、外排気式クーラー採用モデルとAxial-techファン採用モデル、ビデオカード2製品を発表しました。2019年11月15日(金)からの販売を予定しています。

 TURBO-RTX2080S-8G-EVO



製品名 :TURBO-RTX2080S-8G-EVO
グラフィックスコア:NVIDIA® GeForce® RTX 2080 SUPER™
ブーストクロック : 1,815 MHz (OCモード時 1,845 MHz)
ベースクロック : 1,605 MHz
メモリスピード : 15,500 MHz
メモリインターフェース:256bit
ビデオメモリ:GDDR6 8GB
搭載ポート:HDMI 2.0b×1、DisplayPort 1.4×3
電源コネクタ : 8ピン×2
サイズ : 268 x 113 x 40mm
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2019年11月15日(金)
製品ページ : https://www.asus.com/jp/Graphics-Cards/TURBO-RTX2080S-8G-EVO/

○ 「TURBO-RTX2080S-8G-EVO」の主な特長

・再設計された表面カバー
物理的バッファと新型カバーの組み合わせにより、冷えた空気を巨大な80mmファンに送り続け、Turing™の温度がどんなシチュエーションでも常に制御下に置けるようにしました。

・従来比2倍の長寿命ファン
「デュアルボールベアリングファン」は、ファンの軸受けに2つのボールベアリングを使用したファンです。従来のスリーブベアリングを使用するファンと比べて、最長2倍の長寿命を実現しています。

・オートエクストリームテクノロジー
自動化された生産プロセスであるオートエクストリームテクノロジーという自動化製造プロセスによって、すべてのはんだ付けが1工程で完了します。これによって、コンポーネントの熱歪みと洗浄薬品の使用回数を低減し、製造における消費電力の低減と環境への影響の低下をもたらし、製品をより信頼性の高いものにします。

・Quantum Cloud
アイドル状態のGPUを動作させることにより、恩恵を得ることができるシンプルで安全なサービスです。Quantum Cloudを通じてクラウドベースのアプリケーションを実行し、その過程で得た収益は自動的にあなたのWeChatまたはPayPalアカウントに転送されます。個人情報はオンラインに保存されることはないため、プライバシーを損なうこともありません。

・GPU Tweak II
「GPU Tweak II」は、リアルタイムハードウェアモニタ機能とリアルタイムオーバークロック設定機能を搭載する、ビデオカード設定ソフトです。GPU Tweak IIを使用すれば、Windows上からビデオカードの状態を細かく把握でき、また詳細なオーバークロックの設定も行えます。

ROG-STRIX-RTX2060S-O8G-EVO-GAMING



製品名 :ROG-STRIX-RTX2060S-O8G-EVO-GAMING
グラフィックスコア:NVIDIA® GeForce® RTX 2060 SUPER™
ブーストクロック : 1,830 MHz (OCモード時 1,860 MHz)
ベースクロック : 1,470 MHz (OCモード時 1,500 MHz)
メモリスピード : 14,000 MHz
メモリインターフェース:256bit
ビデオメモリ:GDDR6 8GB
搭載ポート:HDMI 2.0b×2、DisplayPort 1.4×2、USB Type C×1
電源コネクタ : 8ピン+6ピン
サイズ : 300.5 x 130.6 x 48.9mm
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2019年11月15日(金)
製品ページ : https://www.asus.com/jp/Graphics-Cards/ROG-STRIX-RTX2060S-O8G-EVO-GAMING/

○ 「ROG-STRIX-RTX2060S-O8G-EVO-GAMING」の主な特長

・MaxContactテクノロジー
GPUにダイレクトに接続する強化された銅製ヒートスプレッダを搭載しています。これは精密機械加工によって従来のヒートスプレッダよりもGPUに2倍以上接触するサーフェスを備え、熱伝導性を改善しています。

・Axial-techファン
Turing™の温度を厳密に制御するために、より大きなクーラーを採用しました。Axial-techファンは、ファンのハブを小さくすることでブレードを延長し、バリアリングを増設することで下向きの空気圧を高め冷却効果を向上しました。

・0dB テクノロジー
0dBテクノロジーにより、GPUコアの温度が55℃を下回ったときにファンの回転を止めることができ、負荷の軽いゲームを完全に静かに楽しむことができます。GPUの温度が上がると、ファンは自動的に再び回転します。

・Dual BIOSスイッチ搭載
基板上にファンモードの切り替えが可能なスイッチを搭載しています。Performanceモードでは、ファンが常に回転してカードを低温に保ちます。Quietモードでは、パワーターゲットの設定が優先され、指定温度に満たない中程度の温度では静かな動作のために緩やかなファンカーブを描きます。GPU Tweak IIソフトウェアで更に細かい設定をすることもできます。

・Super Alloy Power II
プレミアムコンデンサ、DrMOSパワーステージ、および性能を最大限に引き上げることができるコアチョークを組み合わせたVRMを備えており、電力損失および負荷時のコンポーネントノイズの低減、動作温度の低下を実現しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます