【165Hz+1ms+湾曲】MSIから多機能スタンドにハードウェアブルーライトカット機能を搭載した「Optix G271CQP」発売

2022.4.21 eSports World編集部
MSIから高い没入感を誇る湾曲率1,000RのWQHD(2,560 × 1,440)パネルを搭載し、リフレッシュレート165Hzと応答速度1msと高いスペックを誇るゲーミングモニターOptix G271CQP」が4月28日(木)より発売。

<以下、ニュースリリースより>

2022年4月28日(木) より販売開始


「Optix G271CQP」は人間の視野とほぼ同じ湾曲率1,000Rで、使用者の視界を覆うため集中力が高まりやすくプレイヤーのパフォーマンスを高く引き出すことができます。

高精細な表示が可能なWQHD(2,560 × 1,440)解像度、リフレッシュレート165Hz、応答速度1msの高いスペックで残像感の少ない映像で快適にゲームプレイを楽しむことができます。さらに、同期機能としてFreesync Premium、暗いシーンでも視認性を上げるナイトビジョン、発色を犠牲にすることなく目の疲れを軽減可能なハードウェアブルーライト、画面のチラつきを抑えるアンチフリッカー機能を搭載し、よりゲームに集中したい方にお勧めなゲーミングモニターです。

また、エルゴノミクスデザインを採用したスタンド機能で無理のないポジションで使用することができ、長時間の使用において疲れを軽減します。入力端子はHDMI 2.0b ×2、DisplayPort 1.2a ×1に対応しており、パソコンとゲーム機など複数の機器を接続する事が可能です。

Optix G271CQP





■ Optix G271CQP製品ページ: https://jp.msi.com/Monitor/Optix-G271CQP

湾曲パネル


湾曲率1,000Rは人間の視野とほぼ同じカーブを描いており、高い没入感を得ることができます。また、マルチモニター環境でも自然なカーブを描き、より高い没入感を得られます。


WQHD解像度


高解像度パネル搭載で細部まで潰れずに高精細な映像でプレイ可能です。また、フルHDの約1.8倍の作業領域でアプリケーションを並べて表示する事で作業効率を高める事が可能です


リフレッシュレート165Hz / 応答速度1ms


165Hzの高リフレッシュレートと1msの応答速度で一般的なニターと比べてレースゲームやFPSゲームなど激しい動きのゲームでも滑らかな映像を残像感なく表示できます。


FreeSync Premium / ナイトビジョン


対応のグラフィックボードの組み合わせでカクつきやティアリング現象を抑え流れるような滑らかな表示が可能です。また、視界が確保しづらい夜や暗闇のシーンでもナイトビジョン機能によりしっかりと視界を確保できます。


エルゴノミクスデザイン


豊富な位置調整機能で長時間の使用でも疲れを軽減するエルゴノミクスデザインを採用し、ベストなポジションで快適に使用することができます。


目に優しい機能


目に影響する波長のブルーライトだけをハードウェアレベルでカットすることにより、色味を変化させることなく長時間の使用でも目の疲れを軽減可能です。


VESA対応


付属しているスペーサーネジを使用してモニターアームを取り付けることができます。(画像は実際の製品と異なる場合があります)

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます