「AKRacingスタジアムシート」を味の素スタジアムで開催されるFC東京主催試合のベンチシートとして導入

2020.7.3 eSports World編集部
ゲーミングチェアブランドとして知名度の高く、プロeスポーツチームからも絶大な支持を得ている「AKRacing」が、味の素スタジアムで開催されるFC東京主催試合のベンチシートとして「AKRacingスタジアムシート」を制作。J1 2020シーズン ホーム開幕戦より使用開始されることが決定した。

<以下、リリースより>

出場を待つ選手、出場を終えた選手に快適な空間を提供するスタジアムシートが誕生!


テックウインド株式会社 (代表取締役社長:王夢周、本社:東京都文京区)は、FC東京(代表取締役社長:大金直樹、本店:東京都江東区)とのクラブスポンサー契約締結に合わせ、同社が取り扱うゲーミングチェアブランド「AKRacing(エーケーレーシング)製スタジアムシート」を、味の素スタジアムで開催されるFC東京主催試合のホームチーム側ベンチシートとして導入することを発表いたします。

同シートは、7月8日(水)に予定されているFC東京の2020シーズンホーム開幕戦、FC東京vs川崎フロンターレ戦より使用開始されます。

レーシングシートの開発・製造にブランドの起源を持つAKRacingは、各種のeスポーツ競技でオフィシャルチェアとして採用され、プロゲーミングチームからも支持を得るゲーミングチェアのリーディングブランドです。人間工学の知見を生かした設計で、適切な着座姿勢により身体への負担を軽減する効果を実現したAKRacingシートが、J1リーグ優勝という栄光を目指すFC東京を支えます。

今回導入するシートは、AKRacingゲーミングチェアのスタンダードモデルとして定評あるOvertureシリーズをベースに、使用環境に合わせたカスタマイズを施し、リモデルしたスタジアムシート専用品となります。シートの張地はFC東京のチームカラーであるブルー/レッドを基調とし、バックレスト中央にクラブチームのエンブレムを配置した一目でホームチームであることがわかるデザインです。

出場を待つ選手、出場を終えた選手にとって快適な着座性能をもたらすとともに、チームとスタジアムを埋めるサポーターとの一体感を醸成することをも意図したスペシャル仕様です。


テックウインド株式会社ならびにAKRacingは、強く、愛されるチームをめざすFC東京を地域の皆様、ファン・サポーターの皆様とともに応援して参ります。


テックウインドWebサイト AKRacing特設ページ
https://www.tekwind.co.jp/AKR/products/category.php

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます