プロeスポーツチーム「FENNEL」がカラコン通販を行う「ホテラバ」とのVALORANT女子部門のネーミングライツ契約を締結

2022.10.11 eSports World編集部
<以下、ニュースリリースより>

株式会社Fennel(所在地:東京都渋谷区、代表取締役会長:遠藤 将也、以下 FENNEL)は、カラコン通販ショップ「HOTEL LOVERS」を運営する株式会社ホテラバと、FENNEL VALORANT女子部門のネーミングライツ(チーム命名権)スポンサー契約を締結したことをお知らせいたします。 今回の締結により、FENNEL VALORANT女子部門は、日本代表として世界大会の出場権をかけて争う東アジア予選より「FENNEL HOTELAVA」と名を新たに活動していきます。

本契約の背景


2022年は女性eスポーツプレイヤーの活動機会が広がるきっかけとなった1年となっており、世界大会の同時接続者数が推定100万人以上を記録している大人気eスポーツタイトル「VALORANT」において、初となる初代世界女王を決める世界大会が開かれます。

eスポーツ業界のスポンサー契約においては、2021年6月に大きな節目を迎え、世界トップレベルの知名度と実力を兼ね備えているアメリカのプロeスポーツチームである「TSM」が仮想通貨デリバティブ取引所の「FTX」と10年間で約300億円のネーミングライツ契約を締結している現状があります。

世界的にも日本においてもeスポーツ、及び、女性eスポーツシーンが盛り上がる中、この度、FENNELの活動にご賛同いただき、FENNEL VALORANT女子部門は株式会社ホテラバとのネーミングライツ契約を締結しました。
ネーミングライツ契約は国内のeスポーツチームとしては初の事例となっており、本契約によってeスポーツ業界のさらなる広がりに寄与できると信じています。

FENNEL VALORANT女子部門は本契約の締結をさらなるバネとし、新ユニフォームにて10月に行われる東アジア大会の優勝と、その先にあるドイツ(ベルリン)で開催される世界大会での初代世界女王を目指し活動を続けてまいります。

ネーミングライツ契約の概要



今回の契約締結により、10月に開催する東アジア予選より下記内容を展開いたします。

・チーム名の変更
旧:FENNEL → 新:FENNEL HOTELAVA(フェンネル ホテラバ)

・ユニフォームロゴの変更


HOTEL LOVERS(ホテルラバーズ)について


通称「ホテラバ」として会員数130万人、公式LINEお友だち89万人を超える日本最大級のカラコン通販サイト。
SNSを活かした独自のマーケティングにより、10代におけるカラコン通販サイトの認知率で1位を獲るなど、日本有数のカラコンショップとなっております。また、新宿ALTA(B1F)、福岡PARCO(4F)には直営のリアル店舗を運営しており、新宿ALTA店は坪効率(1坪あたりの月間売上)5年以上連続1位、福岡PARCO店も九州圏のおけるカラコン月間売上はオープン当初から2年以上1位を取り続けるなど、高い支持をいただいております。
公式通販サイト:https://hotellovers.jp/

会社名:株式会社ホテラバ
代表取締役:岡田 英幸
所在地:東京都渋谷区渋谷3丁目27番11号 祐真ビル新館4F、5F
事業内容:EC通販事業、カラーコンタクトレンズの企画販売事業

FENNEL(フェンネル)について



2019年に設立、日本最大規模のゲーミングベースを横浜に構える、プロeスポーツチームです。現在、9部門 約60名の選手が所属。APEX部門や荒野行動部門を始め、数々の国内・国際大会で優勝、VALORANT女子部門は、日本代表として東アジア大会への出場が決定しています。

「eスポーツに熱狂を。」をミッションに掲げるFENNELは、先駆けて大会運営事業、アパレル事業を展開。主催するeスポーツ大会「FFL」は毎週のイベントや国際大会を開催し、YouTube総再生回数3,000万回を達成、アパレル事業では、DIESELとコラボレーションを実施、選手合計のTwitter フォロワー数は200万人を超えるなど、今最も勢いのあるeスポーツチームという評価をいただいています。

部門:荒野行動、Apex LegendsApex Legends Mobile、VALORANT、VALORANT女子、第五人格、League of Legends、League of Legends: Wild Rift、Clash Royale など

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます