【SHIDO × R6S】『レインボーシックス シージ』とゲーミングシリーズ「SHIDO:001」と「SHIDO:002」のコラボレーションモデルの販売が決定

2021.2.9 eSports World編集部
オンキヨー株式会社は、人気FPSゲームタイトルの『レインボーシックス シージ』とSHIDOブランドのゲーミングシリーズ「SHIDO:001」、「SHIDO:002」のコラボレーションモデルの予約販売を開始した。

<以下、ニュースリリースより>

購入者にはハードケースがセットに!


■コラボレーションモデル「SHIDO:001×6-SIEGE」
全体をクールに落ち着いたブラックにて表現、イヤーパッドにはブラックのフェードをいかした迷彩柄のような高級感あふれるオリジナル印刷で表現、バンパー部も鈍い光を放つブラックで統一、オーバーヘッド部にはタイトルでもある「6-SIEGE」ロゴを型押し、また左右のイヤーパッド内には「攻撃」「防衛」のアイコンを表現しております。

パッケージはゲームの世界観をイメージしたオリジナルボックスとなり、そして特典には「SHIDO:001×6-SIEGE」がピッタリ収まり、表面に各ロゴを加工したアルミプレートを装着したハードケースが購入者全員についてきます。
※別売りの「SHIDO:002×6-SIEGE」もピッタリ収まります。

■コラボレーションモデル「SHIDO:002×6-SIEGE」
全体をブラックとゴールドに表現。メモリ部や「6‐SIEGE」ロゴの存在感は抜群です。

本商品のパッケージも「SHIDO:001×6‐SIEGE」同様、「アルファパック」をイメージしたオリジナルスリーブ&ボックスになります。

■ゲームプレイ
「レインボーシックス シージ」のゲームプレイは戦術性と破壊、ユニークなオペレーターが特徴です。5人対5人で対峙して戦うチームデスマッチで、「人質確保」「エリア確保」「爆弾解除」の3つのゲームモードがあります。リスポーンがないため、プレイヤーはチームと連携し、慎重に最善の戦術を立てる必要があります。ラウンドのはじめには準備フェイズがあり、準備フェイズの間に防衛チームは壁や床を補強して戦いに備え、攻撃チームはドローンでマップを索敵し敵の位置情報を得て攻撃に備えます。

■オペレーター
オペレーターシステムは「レインボーシックス シージ」で重要な要素です。世界中の特殊部隊の中からオペレーターを選択することができます。現在50名以上のオペレーターがプレイ可能になっています。
それぞれのオペレーターは独自の能力とガジェット、プレイスタイルを持ちます。例えばある者はトラップをセットして建物を要塞へと変形させる能力があり、またある者は破壊の能力に秀で強化壁なども破壊します。ゲームプレイの鍵となるのは、チームで互いの弱点を補完するように、オペレーターの選択でベストなチーム編成をとることです。

■公式サイト: https://www.ubisoft.com/ja-jp/game/rainbow-six/siege

■公式Twitter:@Rainbow6JP

セット内容








【予約販売詳細】
■予約方法 : 通販サイトONKYO DIRECT での予約
https://onkyodirect.jp/shop/pages/R6S_SHIDO.aspx
■予約期間 : 2021年1月29日(金)15:00~2021年4月9日(金)15:00まで
■製品発送 : 2021年6月中旬から下旬にかけて順次発送予定
■販売価格 : SHIDO:001 19,800円(税込・送料込)
SHIDO:002 10,000円(税込・送料込)
■発売元 : オンキヨー株式会社
※販売期間については状況により、予告なく期間を変更する場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※予定台数に到達次第、予約受付終了となります。

【SHIDO:001の詳細】
SHIDO公式サイト http://www.shido-fsg.com/をご覧ください。
【関連リンク】
SHIDO 公式サイト http://www.shido-fsg.com/
SHIDO 公式Twitter https://twitter.com/shido_jpn/
SHIDO 公式Instagram https://www.instagram.com/shido_global/

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コラム VIEW ALL