ASUSから、NVIDIA GeForce RTX™ 3060TIを搭載したオーバークロック版ビデオカード、3製品が発売中

2020.12.7 eSports World編集部
ASUS JAPAN株式会社は、NVIDIA GeForce RTX™ 3060TIを搭載したオーバークロック版ビデオカード、3製品2020年12月2日(水)23時より販売中。

参考価格は、
ROG-STRIX-RTX3060TI-O8G-GAMINGが72,480円(税込)
TUF-RTX3060TI-O8G-GAMINGが66,800円(税込)
DUAL-RTX3060TI-O8Gが60,800円(税込)

<以下、ニュースリリースより>

ROG-STRIX-RTX3060TI-O8G-GAMING



製品名 : ROG-STRIX-RTX3060TI-O8G-GAMING
グラフィックスコア:NVIDIA GeForce RTX™ 3060TI
ブーストクロック : 1860 MHz (OCモード時 1890 MHz)
メモリスピード : 14 Gbps
メモリインターフェース:256-bit
ビデオメモリ:GDDR6 8GB
搭載ポート:HDMI 2.1×2、DisplayPort 1.4×3
補助電源コネクタ : 8ピン×2
サイズ : 318.5× 140.1 ×57.78 mm
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2020年12月2日(水)

〇 「ROG-STRIX-RTX3060TI-O8G-GAMING」の主な特長

Axial-tech アップグレード
Axial-tech ファンのデザインは、前世代よりも多くのフィンと表面積を特徴とする新しい大型ヒートシンク用に最適化されています。ブレード数は3つのファンすべてで増加し、センターファンが13枚、補助ファンが11枚となりました。サイドファンのバリアリングは、より横方向からの吸気を可能にし、冷却アレイを通してよりよいエアフローを提供するためにスリム化されています。センターファンの追加ブレードとフルハイトリングは、静圧を高めてGPUヒートスプレッダーに直接送風します。

新しい方向性
センターファンと補助ファンの役割を強化するために、センターファンの回転方向を逆にしました。これにより、冷却アレイ内の気流の乱れを低減し、カードの全体的な熱性能をさらに向上させています。ROG Strixの革新的な冷却技術を組み合わせることで、ファンの回転数を下げ、55度以下のGPU温度を達成するためのパフォーマンスのしきい値を上げ、その時点でファンを完全にシャットダウンすることができます。静かな性能を求めるビルダーは満足することでしょう。

MaxContact
新しいファン設計を最大限に生かすには、ダイからヒートシンクアレイに熱を取り入れる際に、特別な注意が必要です。当社では、ヒートスプレッダの表面を研磨する製造プロセスを使用して、ミクロレベルでの滑らかさを向上させています。余分な平坦度により、ダイとの接触が良くなり、熱伝達が改善されます。

2.9スロット設計
ヒートスプレッダは熱をヒートパイプに集め、2.9スロットの大きなフットプリントを埋めるフィンスタックを介して熱を運びます。前世代と比較してヒートシンクのサイズを大きくすることで、新しい高性能チップセットを考慮して、より多くの熱的ヘッドルームを提供します。

FanConnect II
ROG Strixグラフィックスカードの背面には、2つのPWM FanConnectヘッダーが搭載されており、DIYの柔軟性を高めています。シャーシファンをGPUに直接取り付けることができ、CPUやGPUの温度に応じてカーブを調整することで、要求の厳しい3Dタスクに余分な吸気や排気を提供することができます。


TUF-RTX3060TI-O8G-GAMING



製品名 : TUF-RTX3060TI-O8G-GAMING
グラフィックスコア:NVIDIA GeForce RTX™ 3060TI
ブーストクロック : 1755 MHz (OCモード時 1785 MHz)
メモリスピード : 14 Gbps
メモリインターフェース:256-bit
ビデオメモリ:GDDR6 8GB
搭載ポート:HDMI 2.1×2、DisplayPort 1.4×3
補助電源コネクタ : 8ピン×1
サイズ : 301 x 143 x 44 mm
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2020年12月2日(水)

〇 「TUF-RTX3060TI-O8G-GAMING」の主な特長

TUFコンポーネント
コンポーネントは、耐久性と性能に基づいてTUF Gaming グラフィックスカード用に選択されています。トップシェルフのチョークやMOSFETに加えて、軍用グレードの認証を取得したコンデンサが、TUFを競合他社の中で確立した存在にしています。

コンポーネントは、高度なAuto-Extreme technologyを使用してPCBにはんだ付けされます。PCB背面の滑らかな接合部とヒューマンエラーを排除することで、各グラフィックスカードが厳しい仕様を満たしていることを保証しています。また、144時間の検証試験も行っています。

Axial-tech アップグレード
TUF Gamingカードは、冷却効果を高めるために、3つのファンが連動して動作するAxial-techファンのデザインを採用しています。ファンはデュアルボールファンベアリングを採用しており、スリーブベアリングや他のベアリングタイプと比較して、安定した性能と長寿命を実現しています。

MaxContact
新しいファン設計を最大限に生かすには、ダイからヒートシンクアレイに熱を取り入れる際に、特別な注意が必要です。当社では、ヒートスプレッダの表面を研磨する製造プロセスを使用して、ミクロレベルでの滑らかさを向上させています。余分な平坦度により、ダイとの接触が良くなり、熱伝達が改善されます。


DUAL-RTX3060TI-O8G



製品名 : DUAL-RTX3060TI-O8G
グラフィックスコア:NVIDIA GeForce RTX™ 3060TI
ブーストクロック : 1710 MHz (OCモード時 1740 MHz)
メモリスピード : 14 Gbps
メモリインターフェース:256-bit
ビデオメモリ:GDDR6 8GB
搭載ポート:HDMI 2.1×2、DisplayPort 1.4×3
補助電源コネクタ : 8ピン×1
サイズ : 269 x 136 x 52 mm
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2020年12月2日(水)

〇 「DUAL-RTX3060TI-O8G」の主な特長

0dB テクノロジー
アドバンスドオンボードコントローラーにより、GPUコアの温度が55℃を下回ったときにファンの回転を止めることができ、負荷の軽いゲームを完全に静かに楽しむことができます。GPUの温度が上がると、ファンは自動的に再び回転します。

デュアルバイオス
低コア温度と低ノイズのどちらを優先しますか?パフォーマンスモードでは、ファンを回転させてカードを常にクールに動作させます。クワイエットモードは、同じパワーターゲットとトップエンドの設定を維持しますが、中程度の温度ではより静かに動作するように、ファンカーブを弱くしています。さらなるカスタマイズとコントロールをご希望の場合は、GPU Tweak IIソフトウェアをご参照ください。

Auto Extreme Technology
Auto Extreme Technologyという自動化製造プロセスによって、すべてのはんだ付けが1工程で完了します。これによって、コンポーネントの熱歪みと洗浄薬品の使用回数を低減し、製造における消費電力の低減と環境への影響の低下をもたらし、製品をより信頼性の高いものにします。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます