ASUS、オーバークロック可能なNVIDIA GeForce GTX 1660 Ti搭載ビデオカードを3モデル発売

2019.2.25 eSports World編集部
ASUS JAPAN株式会社は、NVIDIA GeForce GTX 1660 Tiを搭載するグラフィックカード3モデル「PH-GTX1660TI-O6G」「ROG-STRIX-GTX1660TI-O6G-GAMING」「DUAL-GTX1660TI-O6G」を発売する。

<以下、ニュースリリースより>
ASUS JAPAN株式会社はNVIDIA(R) GeForce GTX 1660 Ti を搭載するビデオカード、3モデルを発表致しました。「PH-GTX1660TI-O6G」は3月1日、「ROG-STRIX-GTX1660TI-O6G-GAMING」と「DUAL-GTX1660TI-O6G」は順次販売を開始する予定です。

ROG-STRIX-GTX1660TI-O6G-GAMING



------------------------------------------------------------
製品名 :ROG-STRIX-GTX1660TI-O6G-GAMING
グラフィックスコア:NVIDIA(R) GeForce GTX 1660 Ti
ブーストクロック : 1,860 MHz (OCモード時 1,890 MHz)
ベースクロック : 1,500 MHz (OCモード時 1,530 MHz)
メモリクロック : 12,002 MHz
メモリインターフェース:192bit
ビデオメモリ:GDDR6 6GB
搭載ポート: HDMI 2.0×2、DisplayPort 1.4×2
補助電源コネクタ : 8ピン×1
サイズ : 301 × 132 × 50mm
価格 : オープン価格
予定発売日 : 順次発売
------------------------------------------------------------

「ROG-STRIX-GTX1660TI-O6G-GAMING」の主な特徴

・Axial-techファン
GPU温度を厳密に制御するために、より大きなクーラーを採用しました。Axial-techファンは、ファンのハブを小さくすることでブレードを延長し、バリアリングを増設することで下向きの空気圧を高め冷却効果を向上しています。

・ファン設定を切り替えるDual BIOSスイッチ
基板上にファンモードの切り替えが可能なスイッチを搭載しています。Performanceモードでは、ファンが常に回転してカードを低温に保ちます。Quietモードでは、パワーターゲットの設定が優先され、指定温度に満たない中程度の温度では静かな動作のために緩やかなファンカーブを描きます。ソフトウェア、GPU Tweak IIで更に細かい設定をすることも出来ます。

・MaxContactテクノロジー
ヒートスプレッダの接触面を一般的なヒートスプレッダの約10倍も滑らかにすることで、GPUとの接触面積を約2倍に拡大しました。この「MaxContact」技術によって、従来のクーラーよりも効率良くGPUからクーラーに熱を伝えることができます。

・オートエクストリームテクノロジー
業界新標準を確立した自動製造プロセスであるAuto-Extremeテクノロジーを使用して製造されています。従来のスルーホールと表面実装部品のはんだ付けは別々の段階で行う必要がありましたが、Auto-Extremeテクノロジーでは、すべてのはんだ付けを1回の工程で完了することができ、部品の熱的負荷を軽減し、洗浄薬品の過剰な使用を避けることで、信頼性の高い製品を生み出します。

・Aura Sync対応
シュラウドに「Aura RGB Lighting」を搭載し、発光パターンを6種類から選択することができます。また、ROG STRIXグラフィックカードはAura Syncに対応しており、Aura対応のゲーミングマザーボードと組み合わせる事で同期した光演出を楽しむこともできます。

DUAL-GTX1660TI-O6G



------------------------------------------------------------
製品名 :DUAL-GTX1660TI-O6G
グラフィックスコア:NVIDIA(R) GeForce GTX 1660 Ti
ブーストクロック : 1,800 MHz (OCモード時 1,830 MHz)
ベースクロック : 1,500 MHz (OCモード時 1,530 MHz)
メモリクロック : 12,002 MHz
メモリインターフェース:192bit
ビデオメモリ:GDDR6 6GB
搭載ポート: HDMI 2.0×2、DisplayPort 1.4×1、DVI-D×1
補助電源コネクタ : 8ピン×1
サイズ : 215 × 121 × 44mm
価格 : オープン価格
予定発売日 : 順次発売
------------------------------------------------------------

「DUAL-GTX1660TI-O6G」の主な特長

・IP5X対応防塵ファン
防塵規格のIP5Xに対応する「IP5X対応防塵ファン」を搭載しています。粉塵が浮遊する環境であっても問題なく動作でき、ホコリが集まりやすいPCケースの中でも、長期間にわたって性能の劣化なく使い続けることが可能です。

・オートエクストリームテクノロジー
業界新標準を確立した自動製造プロセスであるAuto-Extremeテクノロジーを使用して製造されています。従来のスルーホールと表面実装部品のはんだ付けは別々の段階で行う必要がありましたが、Auto-Extremeテクノロジーでは、すべてのはんだ付けを1回の工程で完了することができ、部品の熱的負荷を軽減し、洗浄薬品の過剰な使用を避けることで、信頼性の高い製品を生み出します。

・GPU Tweak II
「GPU Tweak II」は、リアルタイムハードウェアモニタ機能とリアルタイムオーバークロック設定機能を搭載する、ビデオカード設定ソフトです。GPU Tweak IIを使用すれば、Windows上からビデオカードの状態を細かく把握でき、また詳細なオーバークロックの設定も行えます。

・XSplit Gamecaster
ゲーム画面のインターネット配信、およびゲームのフレームレートやGPU負荷などを表示できる、SplitmediaLabsの「XSplit Gamecaster」ソフトウェアを付属しています。1年間のPremiumライセンスが付いているので、すべての機能を1年間無料で使えます。

・Quantum Cloud
アイドル状態のGPUを動作させることにより、恩恵を得ることができるシンプルで安全なサービスです。Quantum Cloudを通じてクラウドベースのアプリケーションを実行し、その過程で得た収益は自動的にあなたのWeChatまたはPayPalアカウントに転送されます。個人情報はオンラインに保存されることはないため、プライバシーを損なうこともありません。

PH-GTX1660TI-O6G



------------------------------------------------------------
製品名 :PH-GTX1660TI-O6G
グラフィックスコア:NVIDIA(R) GeForce GTX 1660 Ti
ブーストクロック : 1,785 MHz (OCモード時 1,815 MHz)
ベースクロック : 1,500 MHz (OCモード時 1,530 MHz)
メモリクロック : 12,002 MHz
メモリインターフェース:192bit
ビデオメモリ:GDDR6 6GB
搭載ポート: HDMI 2.0×2、DisplayPort 1.4×1、DVI-D×1
補助電源コネクタ : 8ピン×1
サイズ : 174 × 121 × 39mm
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2019年3月1日
------------------------------------------------------------

「PH-GTX1660TI-O6G」の主な特長

・ウイングブレードファン
ファンブレードの先端部分に航空機のウイングレットのような曲げを加えた、独自形状の「ウイングブレード」を搭載することで、ファンの風圧を向上しています。通常のファンと比べて、同じ回転数でもより強力な風を送ることができ、低い回転数でも十分な冷却性能を実現できます。

デュアルボールベアリング
ファンの軸受けに2つのボールベアリングを使用しており、従来のスリーブベアリングを使用するファンと比べて、最長2倍の長寿命を実現しています。

・オートエクストリームテクノロジー
業界新標準を確立した自動製造プロセスであるAuto-Extremeテクノロジーを使用して製造されています。従来のスルーホールと表面実装部品のはんだ付けは別々の段階で行う必要がありましたが、Auto-Extremeテクノロジーでは、すべてのはんだ付けを1回の工程で完了することができ、部品の熱的負荷を軽減し、洗浄薬品の過剰な使用を避けることで、信頼性の高い製品を生み出します。

・GPU Tweak II
「GPU Tweak II」は、リアルタイムハードウェアモニタ機能とリアルタイムオーバークロック設定機能を搭載する、ビデオカード設定ソフトです。GPU Tweak IIを使用すれば、Windows上からビデオカードの状態を細かく把握でき、また詳細なオーバークロックの設定も行えます。

・XSplit Gamecaster
ゲーム画面のインターネット配信、およびゲームのフレームレートやGPU負荷などを表示できる、SplitmediaLabsの「XSplit Gamecaster」ソフトウェアを付属しています。1年間のPremiumライセンスが付いているので、すべての機能を1年間無料で使えます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コラム VIEW ALL