「埼玉県eスポーツ連合」の本拠地に「ところざわサクラタウン」が決定

2021.10.5 eSports World編集部
埼玉県所沢市の大型文化複合施設「ところざわサクラタウン」について、2021年10月1日(金)に設立された「埼玉県eスポーツ連合」の本拠地に決定した。今後、地域におけるeスポーツの発展、普及に貢献していく。

<以下、ニュースリリースより>

複合施設「ところざわサクラタウン」が埼玉県eスポーツ連合の拠点に


「埼玉県eスポーツ連合」(代表理事:藤岡迅彦)は、埼玉県におけるeスポーツの普及振興を目指し、県内在住の競技プレイヤー育成、県内でのeスポーツ競技会開催などを目的に設立された団体です。本日10月1日(金)の設立と同時に、一般社団法人日本eスポーツ連合(会長:岡村秀樹、以下JeSU)の地方支部として認定されました。

ところざわサクラタウンでは、昨年2020年11月の開業以来、施設内イベントスペースにてさまざまなeスポーツイベントが開催されており、2021年10月2日(土)、3日(日)には、国際大会「日本・サウジアラビア e スポーツマッチ」(主催:JeSU、無観客・オンライン配信)の会場にもなりました。

▲【日本・サウジアラビアeスポーツマッチ JAPAN ROUND】 eFootball™の様子


ところざわサクラタウンが「埼玉県eスポーツ連合」の活動拠点となることで、今後も地域におけるeスポーツの発展を応援し、普及に貢献してまいります。

■埼玉県eスポーツ連合 概要

団体名 埼玉県eスポーツ連合

代表理事 藤岡 迅彦
理事 西澤 元晴
理事 豊島 秀介
理事 目黒 輔
理事 新倉 敬二郎
理事 鈴木 一夫
理事 吉永 篤史
監事 上住 敬一

所在地 埼玉県所沢市東所沢和田3丁目31-3 ところざわサクラタウン内
公式サイト https://www.favgaming.com/saitamaesu
公式Twitter https://twitter.com/saitamaesu

■「ところざわサクラタウン」について

2020年11月、日本最大級のポップカルチャーの発信拠点としてKADOKAWAが埼玉県所沢市に開業した大型文化複合施設。書籍製造・物流工場やKADOKAWAの新オフィス、イベントスペース(ジャパンパビリオン、千人テラス)、体験型ホテル(EJアニメホテル)、ショップ(ダ・ヴィンチストア)、レストラン(角川食堂)、商業施設のほか、角川文化振興財団運営の「角川武蔵野ミュージアム」も建設。

また、KADOKAWAと所沢市が共同で進める「COOL JAPAN FOREST 構想」および、KADOKAWA・埼玉県・所沢市の三者で連携・協力する協定に基づき振興を図る「埼玉カルチャー観光共和国」の拠点施設にも位置づけられています。

https://tokorozawa-sakuratown.jp/

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます