『ウイニングイレブン2019』で国体出場を目指す!! NMB48 磯佳奈江&うでぃ選手インタビュー

2019.3.28 岡安学
小中学校ではサッカーに勤しみ、今年第74回国民体育大会(いきいき茨城ゆめ国体)及び第19回全国障害者スポーツ大会(いきいき茨城ゆめ大会)が開催される茨城県出身であるNMB48の磯佳奈江さん。その文化プログラムでは、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」と銘打って、『ウイニングイレブン 2019』(以下、『ウイイレ』)の大会も予定されている。

この偶然とも必然とも言えるつながりから、磯さんが『ウイイレ』で国体への出場を目指すことになった。

磯さんは、これまでも日本テレビの番組で全国小学生サッカー大会のリポーターを務めたり、NHKのワールドカップ直前特番などに出演経験があり、サッカーをサポートする活動を多くこなしてきた。

ただ、サッカー経験はあるもののゲームの経験はほとんどなく、『ウイイレ』も未体験。そこで、『ウイイレ』の「PES LEAGUE 2019」日本代表プレイヤーであるよしもとゲーミング所属のプロゲーマー、うでぃ選手を指導者に迎え、国体出場に向けて動き出した。

ちなみに、磯さんが所属するNMB48の運営会社である株式会社Showtitleは、吉本興業の完全子会社。サッカー、茨城、よしもとという縁のつながりによって、今回の企画が完成したわけだ。

もちろん、国体出場への道は厳しく、出場確率は低いかもしれない。しかし、「挑戦することこそが重要!」という思いのもと、うでぃ選手と磯さんは全力で『ウイイレ』にぶつかっていく。


NMB48磯の『ウイイレ』初プレイはいかに!?

うでぃ選手が磯さんに指導する様子はYouTubeで配信され、第1回目は3月15日に行われた。

初回は磯さんの実力を計るために、うでぃ選手との対戦を予定していたが、急きょ2人協力プレイでCPU戦を行うことに。CPUの強さは普通だったが、サッカー知識と持ち前の対応力の高さ、うでぃ選手のアシストもあり、勝利を収めることができた。

初回の配信後、今回の企画について話を聞ける機会を得たので、おふたりに配信やプレイの感想、国体への道のりについて聞いてみた。

――磯さんは今回初めて『ウイイレ』をプレイしたとのことですが、うでぃ選手から見て感触はいかがでしょうか。

うでぃ:サッカーをやっていた経験があるので、ルールや戦略などの説明をしなくてもわかってもらえるので飲み込みが早いですね。『ウイイレ』は複雑な操作があるゲームではないので、操作を覚えればすぐに上達すると思います。サッカーとの相性はいいと思うので、楽しんでプレイしてほしいです。

磯佳奈江(以下、磯):楽しかったです。今回は協力プレイだったので、師匠(うでぃ)のアドバイスで、どう操作すればいいかもすぐにわかりました。ひとりプレイしていたら、いまだに何をやっているかわからなかったかもしれません。プレイも配信もすごく楽しかった! サッカーをやっている気持ちになったし、仲間と一緒にできるところがいいですね。

うでぃ:ゴールを決めたときにハイタッチをしたんですけど、決まりごとではなく、お互いに自然と手が出た感じですね。プレイの結果を共有できるのはいいところだと思います。配信は今回が初めてだったのにもかかわらず、多くの人に観てもらえました。これを機に『ウイイレ』に興味を持ってもらえる人が増えたらうれしいです。


――国体に出場するには、県の予選を勝ち抜く必要がありますが、その前に大きな障壁としてメンバー集めがあります。同県の出身者、通勤、通学、在住の人とチームを組む必要があるのですが、メンバー集めは順調ですか。

磯:それがまだ何も動いていないんです。メンバーでサッカー好きな娘がいるので声をかけてみます。西沢瑠莉奈ちゃんや堀詩音ちゃんがサッカー大好きです。

うでぃ:チームプレイは楽しいんですけど、本気になると険悪になることもあるので、楽しくできればと思います。

磯:え、険悪になったりするんですか?

うでぃ:意思の疎通ができていなかったりすると、こっちで待っていたのに……みたいな感じになることもありますね。これは『ウイイレ』だからと言うよりは、サッカーでもよくあることですよね。

磯:ああ、「今フリーだったのにー」とかですね(笑)。

うでぃ:3人ならではの個性が出れば、楽しくプレイできますし、試合もうまく運ぶと思います。


――磯さんは『ウイイレ』をプレイしてみていかがでしたか。思ったように動かせましたか。

磯:サッカーをやっていたせいか、どこへ動けばいいかとか、パスの出し方とかはなんとなくわかりました。ゲーム自体はやったことがなかったんですが、『ウイイレ』ってすごくリアルで、なんて言うかゲームっぽくないので、入りやすかったです。

あと、ゲームってひとりで黙々とプレイするイメージがあったんですけど、人と一緒にプレイするというのが新鮮でした。協力プレイするのがすごく楽しかったです。


――師匠から見て、磯さんに普段の練習でやってほしいことはありますか。

うでぃ:そうですね。あ、まずはボタンの配置は覚えてきてほしいですね。どのボタンがパスなのか、シュートなのか。とっさの時にボタンを確認するようでは間に合わなくなってしまうので。これはゲームをプレイしなくてもできるので、ヒマを見つけてボタン確認はしてもらえれば。

僕は練習をするときに、必ず何かしらの目標を立ててプレイするんです。長時間プレイすればうまくなると言うものでもないと思っているので、今日は5連勝するとか、失点をしないとか、何かしらのテクニックを実戦で使ってみるとか。その目標が達成できてしまえば、たとえ数分でも十分な練習になっていると思います。なので、磯さんにもその日、その日の目標を持ってプレイしてもらいたいです。


――ズバリ、国体には行けそうでしょうか。

うでぃ:国体は……現実的には厳しいですが、ほぼ毎日練習をすれば可能性がないわけではありません。でも、アイドルの活動がお忙しいでしょうし……。

磯:難しいとは思いますが、今から一生懸命練習して頑張ります! 応援よろしくお願いします!

─────────

さて、順調な滑り出しとなった磯さんの国体への道だが、すでに予選へのエントリーは始まっており、予選大会までの期間も短く、本戦出場はかなり厳しいのは変わらないだろう。

しかし、いつ、どこのタイミングで覚醒するかわからないのもeスポーツのいいところ。確率は低いかもしれないが、ゼロではない。しっかりと、彼女の成長を配信で確認しながら、応援していこうではないか。


adidas, the 3-Bars logo, the 3-Stripe trade mark and Climacool are registered trade marks of the adidas Group, used with permission.  The use of images and names of the football players in this game is under license from FIFPro Commercial Enterprises BV.  © 2018, DFB  Copyright FFF  ©  Official Licensee of the FIGC  The FIGC logo is a registered trade mark of the Federazione Italiana Giuoco Calcio  All Rights Reserved By JFA  Producto Oficial Licenciado RFEF  © 2002 Ligue de Football Professionnel ®  Officially Licensed by Eredivisie C.V. and Stichting CAO voor Contractspelers ™ © 2018 THE ARSENAL FOOTBALL CLUB PLC, ALL RIGHTS RESERVED  © S.L.B. Producto Oficial.  Official Licensed Product of A.C. Milan  Official product manufactured and distributed by KONAMI under licence granted by A.S. Roma S.p.A and Soccer s.a.s. di Brand Management S.r.l.  Official Videogame(s) of CORINTHIANS  All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are used under license.
©2019 Konami Digital Entertainment
© Showtitle Inc.
© YOSHIMOTO GAMING. All Rights Reserved.

■リンク
全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI(国体)
https://e-football.konami.net/kokutai2019/?tab=overview
よしもとゲーミング うでぃ選手のYouTube
https://www.youtube.com/channel/UCANFaaXXnk9L2NcsybQuz9Q/videos
NMB48 磯佳奈江のTwitter
https://twitter.com/isokana89?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます