VR用途向けバックパック型PC「ZOTAC VR GO 2.0」が発売開始

2019.4.18 eSports World編集部
アスクは、ZOTAC社製のVR用途向けのバックパック型PCの新モデル「ZOTAC VR GO 2.0」の国内発売を開始した。予想市場価格は399,800円前後となっている。

<以下、ニュースリリースより>

アスク、ZOTAC社製、VR用に特化した背負えるバックパック型PC「ZOTAC VR GO 2.0」を発表

株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は、GeForce GTX 1070を搭載したZOTAC社製のバックパック型PC「ZOTAC VR GO 2.0」を発表いたします。

「ZOTAC VR GO 2.0」は、ショルダーストラップを搭載し、背負うことができるVR向けのバックパック型PCです。長時間のVR体験を想定してデザインされており、最大1.5時間のバッテリー駆動に対応するほか、VRヘッドマウントディスプレイ接続用のポートを全て上部に備えたことで、ケーブル類に絡まることなく、VRコンテンツを楽しむことが可能です。

また、347.5×280.4×87.1mmサイズのコンパクト筐体を採用し、Intel Core i7-8700Tに加え、NVIDIA GeForce GTX 1070を搭載。さらに、メモリの追加やストレージ交換に対応する拡張性を備えるほか、本体にアドレサブルLED を搭載しており、ライティングシステム「SPECTRA 2.0」により、ライティングのカスタマイズを行うことが可能です。


製品情報
メーカー: ZOTAC
製品名: ZOTAC VR GO 2.0
型番: ZBOX-VR7N72-J-W2C
発売時期: 2019年 4月(発売中)、 予想市場価格: 399,800円前後(税別)
製品情報URL: https://www.ask-corp.jp/products/zotac/virtual-reality/zotac-vr-go-2.html

製品の特長

VR向けに特化した背負えるバックパック型PC
ZOTAC VR GO 2.0は、ショルダーストラップを備えた背負うことができるバックパック型PCです。VR用に最適化されており、2台のバッテリーを搭載することで最大1.5時間のバッテリー駆動に対応するほか、VRヘッドマウントディスプレイ接続用のポートは全て上部に備えており、ケーブル類に絡まることなく、VRコンテンツを楽しむことが可能です。さらに、緻密にエアフロー設計により、体と逆方向に排熱することができ、 背中の不快な暑さを軽減しています。

パワフルなパフォーマンス
Coffee Lake-Sコアの第8世代Coreプロセッサ「Intel Core i7-8700T」に加え、PascalアーキテクチャのハイエンドGPU「NVIDIA GeForce GTX 1070」を搭載。OSにはWindows 10 Proをプリインストールしており、VR 環境をはじめ、超高解像度モニターやマルチモニター環境において卓越したゲーミング体験を実現します。

快適な背負い心地
長時間のVR体験を想定してデザインされています。体にかかる重量を分散する設計をはじめ、フォームパッドを備えたショルダーストラップや、背中のサポーターの長さを拡張しており、体にかかる負担をを大きく 軽減しています。

カスタマイズできるライティングシステム「SPECTRA 2.0」
LEDごとの制御に対応したアドレサブルLEDを装備しており、LEDカラーの滑らかな移り変わりを実現。SPECTRA 2.0により、筐体ごとに異なるカラーを割り当てることもできるため、アミューズメント施設といったマルチユーザー環境でもプレイヤーの識別が容易になります。

高い拡張性
ZOTAC ミニPCシリーズと同様に高い拡張性も特徴です。メモリの追加やストレージ交換も簡単に行えるほ か、多数のUSBポートを備えており、各種アクセサリや周辺機器も自由に接続することができます。

◆製品仕様
製品名:ZOTAC VR GO 2.0
OS:Windows 10 Pro(64bit)
CPU:Intel Core i7-8700T(2.4GHz/ターボブースト時 4.0GHz、6 コア)
GPU:NVIDIA GeForce GTX 1070(8GB GDDR5 256bit メモリ)
メモリ:DDR4-2400 16GB(最大 32GB)
ストレージ:240GB M.2 SSD、2.5 インチ SATA 6.0Gb/s スロット×1
無線機能:802.11ac Wi-Fi、Bluetooth 5
サイドパネル:HDMI 2.0×1、DisplayPort 1.4×1、ギガビットイーサネット×1、USB 3.0 Type-A×3、 DC12V 出力ポート×1、3 in 1 カードリーダー(SD/SDHC/SDXC)、 ヘッドフォン出力、マイク入力端子、AC アダプター用ポート
トップパネル:HDMI 2.0×1、USB 3.1 Type-C×1、USB 3.0 Type-A×3、DC12V 出力ポート×1
本体寸法:347.5(L)×280.4(W)×87.1(H) mm
重量:約 4.8kg
付属品:86.4Wh リチウムイオンバッテリー×2、充電用ドック、AC アダプタ、電源ケーブル、 ユーザーマニュアル、クイックスタートガイド、ドライバーインストールキット、OS リカバリーDVD
オプション製品:ZOTAC VR GO 2.0 用バッテリー(予想市場価格:32,800 円前後 税別)、ZOTAC VR GO 2.0 用充電ドック(予想市場価格:10,800 円前後 税別)
型番:ZBOX-VR7N72-J-W2C
JAN コード:4537694266291
アスクコード:PC3984
予想市場価格:399,800円前後(税別)
発売時期:2019 年 4月(発売中)

ZOTAC社 概要
ZOTAC社は大手パソコン周辺パーツメーカーであるPC Partner(ピーシーパートナー)のグループ会社の一つです。
PC Partnerは1997年に香港にヘッドクオーターを設立、生産工場は中国(ISO9001、14001、OHSAS18001を取得)です。PC Partner自体はマザーボードグラフィックボード、MP3プレーヤー、フラッシュメモリーなどを各メーカーなど、数々の大手メーカーのOEM、ODMにて生産している巨大な生産会社です。グラフィックボードに関しては2006年よりNVIDIA陣営GeForceのリテール 製品を子会社の ZOTACオリジナルブランドで販売開始いたしました。コストパフォーマンスからハイエンドまで、様々なOEM先の 要望に対応できる技術力と品質、巨大な生産量を誇り、そのスケールメリットを生かしたコスト競争力と培った裏打ちされた技術力 をバックに、今後、NVIDIAカードメーカーの中でも、特徴をもったメーカーとして、展開していきます。詳しい情報はウエブサイトをご 参照ください。
URL:https://www.zotac.com/

株式会社アスク 概要
株式会社アスクは、目的に応じたソリューションとサービスを提供する総合商社です。主に米国、ヨーロッパ、台湾、韓国などの 最先端かつユニークな製品を皆様に紹介・提供。取り扱い製品はコンピュータ周辺機器、携帯電話周辺機器、サーバ・ストレージ 関連機器、業務用映像機器と多岐にわたり、Advanced Micro Devices, Inc.(AMD), AJA Video Systems, ASUSTeK Computer, ASRock, ATTO Technology, AVerMedia, CORSAIR, Cooler Master, Crucial, ELSA JAPAN, HTC VIVE, Micro-Star International(MSI), Micron, NVIDIA, NewTek, Synology, SAPPHIRE TECHNOLOGY, Supermicro, Tripp Lite(旧Keyspan), Thermaltake, ZOTAC Technology Limitedなど多数の海外メーカーの代理店をしております。
URL:https://www.ask-corp.jp/

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます